アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットが離婚することが20日(現地時間)分かった。第一報を報じた<TMZ>によると、「和解しがたい不和」を理由に15日にアンジェリーナが離婚を申し立てたよう。

・アンジーは子供の単独親権を求めているそう。

ただし、法的共同親権は認める方針とのこと。単独親権の場合は一緒に住む権利、法的共同親権の場合はは子供の養育面や医療面などに対する権利が法律上平等に与えられることを指す。『ピープル』誌によると、アメリカで一般的な共同親権を取れば、交互に子供が親の家を行き来することになるが、アンジェリーナは常に世界中を飛び回っているため状況的に難しいことから、単独親権を求めているのではないかと伝えている。アンジーは養育費や配偶者扶養料の要求をしない。

・ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの出会い

2人の出会いは、2004年に撮影し、2005年に公開された映画『Mr.&Mrs. スミス』での共演だった。撮影中は、ブラピに妻(女優のジェニファー・アニストン)がいたため、略奪婚となった。といっても、正式に結婚したのは2014年で、それまでブラピとアンジーは事実婚状態だった。2人には3人の養子と3人の実子がいる。

・離婚の原因は浮気とパーティ三昧?

<Page Six>によると、アンジーはブラピの浮気を疑っていたため、探偵を雇ったそう。結果、映画『Allied(原題)』の撮影現場で、共演女優マリオン・コティヤールとの浮気が発覚したとか。

また、撮影中のブラピはまるで独身男のように、パーティ三昧だとも。撮影スタッフは、ドラッグや女遊びをしていて、ブラピもその生活に染まってしまっている、とアンジーは探偵に聞かされたそう。

アンジーに近い人物によると、ブラピは40歳前後にやってくる「ミッドライフ・クライシス(中年の危機)」を迎えていて、彼女はそれに疲れたとも。

しかし、浮気相手だと疑われているマリオンの知人は噂を否定している。「マリオンは長年のパートナー(フランス人の俳優で映画監督の)ギョーム・カネと交際を続けている。2007年からずっと続いていて、結婚はしていないけど、子供は1人いる」。マリオンは2人目の子供を妊娠しているとフランスのメディアに報道されている。

<TMZ>も<Page Six>と同様、ブラピのマリファナとアルコール摂取やすぐにカッとなる性格が原因で離婚を決意したと報道。

・2人は別々にコメント

アンジーの代理人によれば、

家族の健康を願って離婚をする

彼女のマネージャーも以下のようにコメント。

アンジェリーナは、常に子供たちを守ることを最優先に考えています

ブラピも離婚についてのコメントと、マスコミへのメッセージを伝えた。

非常に悲しく思います。ですが、一番に考えなければならないのは、子供の幸せです。子供たちにとって辛い時期なので、彼らをそっと見守ってほしいと願います

・アンジーの父との関係

アンジーは年々、ハリウッドから遠ざかり、人道的な活動に集中したいという思いが強くなっているとか。それとは反対に、ブラピはもっと映画を作りたいと考えているそう。さらに、アンジーが疎遠になった父、個性派俳優のジョン・ヴォイトと、ブラピが仲良くしていることも夫婦関係に何かしらの影響があったと言われている。

アンジェリーナ・ジョリー&ジョン・ヴォイト

ブラピとジェニファー・アニストンの離婚の際、報道直後は「悲しい」とだけ発表し、何年かけて少しずつブラピ、ジェニファー、そしてアンジーのそれぞれがその頃の詳細を公表していった。今回の件でも、時が経つまで詳細は話さないのでは、と言われている。

2人の友人であるジョージ・クルーニーは<CNN>にコメントを求められた際に、初めて報道を知ったようで、驚きながら「ワオ、全く知らなかった。残念だよ」とコメント。

アンジーとブラピは、つい先月の8月にとても幸せそうに結婚2週年をお祝いしたと伝えられていたから、離婚報道は世界に衝撃を与えた。