琵琶湖描ける?これさえあれば琵琶湖がキレイに描けますよ!

写真拡大

魅力的なステーショナリーが次々と発売される中、かなり異色で個性際立つシリーズの最新作が満を持して登場。その名も「びわこテンプレート」。「びわこクリップ」「びわこマスキングテープ」など、2014年9月に登場した「びわこ文具」シリーズの新作として、発売されました。

[関連記事]書きやすい!握りやすい!鉛筆みたいなシャープペン

 

■「琵琶湖」を約1/100万スケール正確に描けるテンプレート

 

実はこれ、コクヨグループの株式会社コクヨ工業滋賀が手がける「ReEDEN(リエデン)」シリーズのひとつ。水質浄化や生態系保全など環境維持につながることから、琵琶湖・淀川水系の植物・ヨシをパッケージ台紙に使用したエコ文具なのです。

びわこテンプレート_sub1

今回発売された「びわこテンプレート」は、琵琶湖での旅や活動の記録に大活躍。日本最大の湖である「琵琶湖」を中心に、そこに生息する「なまず」や「かいつぶり」といった生物、滋賀の歴史をかたどった「しろ」や「しゅりけん」など、湖国・近江と馴染み深いカタチが描けるようになっています。その他にも「くるま」や「じ
てんしゃ」、「お天気マーク」なども描けるので、普段使いももちろんオッケー!

テンプレート本体は、琵琶湖らしい透明感のあるブルーの素材を採用。琵琶湖・淀川水系のヨシ紙を使用したパッケージ台紙は裏面の線に沿って組み立てると簡易的なテンプレートカバーとして使用できます。

びわこテンプレート_main

2016年7月に同シリーズより発売された「ロクブンノイチ野帳」に最適なサイズになっているので、一緒に持ち歩いて、琵琶湖周辺の活動記録や旅の思い出を楽しく記録できるツールです。432円と手頃な価格なので、ちょっとしたお土産として喜ばれそう。

滋賀県内の主要文具店はじめ観光地のお土産売り場、コクヨグループ直営の通販サイトで購入できます。

コクヨ「びわこテンプレート」 >> http://www.kokuyo-shop.jp/shop/ProductDetail.aspx?sku=4560107742556&CD=&WKCD=

 

[関連記事]
書きやすい!握りやすい!鉛筆みたいなシャープペン

地図柄文具シリーズのニューカマーは仙台と札幌の2都市!

このペンケース、机上ではペントレーに変身しちゃうんです

(文/&GP編集部)