効率よく貯金したいなら…!「お金をかけないほうがいい」モノ3つ

写真拡大

過ごしやすい秋は、何か新しいことを始めるには絶好の季節。

「今までは無駄遣いが多かったから、これから倹約家になろう!」と目標を立てている人もいるかもしれません。

倹約は素晴らしいことですが、あまりにもストイックすぎると楽しくないですし長続きしないもの。

趣味やお買い物などをほどよく楽しみつつ、苦痛なく貯金目標が達成できるのがベストだと思いませんか?

そのためには、自分の一番の楽しみをガマンするのではなく、“無駄な出費”を探し出して削ることが大切。

そこで今回は、何気なくしている普段の出費の中にひそむ、“無駄な出費”をご紹介します。

■1: “あまり使わないもの”に高いお金を払っている

使う頻度が少ないものは、リーズナブルなものを購入するか、レンタルで済ませたほうがよさそう。

めったにゴルフに行かないのに全身ブランドもののウェアで固めたり、まだハマるかどうかわからない趣味のために高級な道具を揃えたりする……などが当てはまります。

最近は『メチャカリ』や『DMMいろいろレンタル』など、レンタルサービスはとても充実! 結婚式のドレスやスポーツ・レジャー用品などの定番のものから、浴衣、クリスマスグッズ、ダイエット器具・美顔器などを貸し出しているサービスもあります。

とくに、クリスマスグッズやダイエット器具・美顔器などは高価なわりにタンスの肥やしになりがちなので、レンタルサービスがあると助かりますよね。

「今後も頻繁に使うだろうな」という確信が持てるようになってから、高品質なものを買い求めるほうがベターです。

■2: “見栄をはるためのもの”に高いお金を払っている

「自分が気に入ったから」「今の自分に必要だから」という理由ではなく、「周囲の人に自慢したいから」「流行おくれで恥ずかしい思いをしたくないから」という理由でお金を使うと、どんどんなくなっていきます。

仕事柄、身だしなみには人一倍気をつかわなければならないという働き女子もいるでしょう。

また、最先端の流行を取り入れ、上質な物を身につけて見た目を美しく整えることで思いがけないチャンスを得る人もいるでしょうし、周りの目を意識したお金の使い方が一概にすべて無駄とは言えません。

その場合も、「流行は手頃な値段のアクセサリーで取り入れて、鞄や靴はシンプルなのを長く使おう」とか、「1カ月○円まで」などのマイルールを設定したほうがよさそうです。

■3: 使用頻度が多いのに……“品質が悪い安物”にお金を払っている

■1:と逆のパターンです。日常的によく使うアイテムであるにもかかわらず、品質の悪い安物を購入すると、けっきょくすぐに壊れてしまい“安物買いの銭失い”に。

壊れるまではいかなくても、使いにくかったり見た目が悪化して恥ずかしい思いをしたりと、色々な面で“損だ”と感じることが増えるかもしれません。

たとえば、仕事で使う靴やバッグ、毎日乗る自転車、ランニングシューズ、ノートパソコン、長時間座るイスなどがこれに当てはまります。

高級ブランドでなくても、長期間の使用にも耐えられる上質なものを選ぶようにしたほうが、長い目で見れば断然得です。

以上、効率よく貯金するためにあまりお金を使うべきでないものをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

人生を彩る楽しみを制限するのではなく、あまり重要でない無駄出費から削減していくことで、より充実した生活を送ることができそうです。