男子は「露出による色気アピール」が正直しんどい #男子の本音

写真拡大

相手に無理して合わせるんじゃなくて、等身大の自分のままで恋愛したい。

理想はそうだけど、どうしても相手の気持ちを振り向かせたくて、ついがんばりすぎてしまうことがあります。

でもそのがんばりが、じつは男性は「しんどい」と思っていたとしたら...!?

今回のテーマは「露出による色気アピール」について。

「見ているとも思われたくないけど、自然と目がいったりするし、目のやり場に困る。たしかに、そういう格好が好きな男もいると思うけれど、そうじゃない男もいるってことを知ってほしい」

「どういう神経でそんなにざっくり谷間なの? っていう人はたまにいるかな。見方によってはだらしなく感じちゃうから、もったいないよね」

「男からしてみれば、露出してりゃいいっていうわけじゃない。それより、大人の女性だからこそ、肌を隠しているのに感じる色気とか、落ち着きのほうがグッとくる。年齢に合った装いができる人は素敵だなって思います」

露出しなくていい

露出が多い=男がよろこぶ...とは限りません。若いときはうれしかったけれど、もうさすがにそれだけで女性を好きになったりはしません。お互いに大人だからこそ、話の内容や興味が合うかどうかのほうが大事です。

逆にもったいない

上品に見える肌の見え方であればいいですが、これでもか! と胸や肌を強調したアピールは、どの男性に対してもそうなのかな、と疑ってしまいます。男が本気で付き合きたいと思う女性には、自分だけに肌を見せてくれることを望んでいます。

肌を隠してても感じさせる色気がいい

過度な露出をしている女性に男性は抵抗感があります。むきだしの色気より、肌が隠れているのになぜか感じさせる色気のほうが、気持ちが引きつけられやすいです。

結論

男子にとっては「過度な露出による色気アピールはしんどい」というのがホンネです。

若いときや体だけが目的の場合であれば、露出もうれしいですが、本気で付き合いたい相手となると話は別。仕事でも恋愛でもいろいろ経験を積んだからこそ、見た目ではなく中身で感じる色気があることを知っています。

好きな男性の気を惹きたいのであれば、むやみに露出するのではなく、しぐさや話し方、知性などから色気を感じさせるほうが距離が近づきます。

こちらも読まれています

・知性はセクシーにつながる。秋まで着れるデコルテ魅せトップス

・男子は「時間を置いて返信する女子」が正直しんどい #男子の本音

・今さらじゃなくて、今から。血色感チークが大人のデビューに自信をくれた #sponsored

写真/Shutterstock