TGS注目のタイトル「V!勇者のくせになまいきだR」【TGS2016】

写真拡大 (全6枚)

東京ゲームショウ2016では、話題のPlayStation VR対応ゲームも数多く出展されており、多くの来場者が体験しようと列をなしていた。中でも注目したいのは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントから2017年に発売される予定の「V!勇者のくせになまいきだR」(Vなま)だ。

本タイトルはこれまでシリーズとしてPSP版が3作発売されているが、ファミコン時代のようなドット絵のキャラクター、プレイヤーは破壊神となって地下ダンジョンを作り、勇者を倒すことが目的であるなど、いわゆるRPGのお約束を真逆で行く作りに引かれた人も多かった。

しかし今回はPlayStation VR対応。ドット絵の世界がどのように3D化されるのか興味を引くが、プレイヤーを導いてくれる魔王は6頭身の3Dキャラクターへと変わり、場所も地下から地上へと舞台を移すことになった。本作からはジオラマを楽しむかのように、魔物を生成する「ユニット」を地上に配置し、魔王軍の本拠地となるダンジョンを守りつつ、自軍のエリアを広げていく。夜になると「進軍」が可能で、勇者側に付いている町や、城などを攻略できるようになっており、最後に勇者の城を征服すると面クリアとなる。

ユニットの配置はコントローラーでぽんぽんと置いていくイメージ。非常に直感的にプレイできるのが特徴だ。またフィールドは左右に回すことができ、簡単に家の裏などを見ることができるようになっている。

配信は2017年とだけ発表されているがまだ先の話。シリーズのファンはもちろんのこと、PlayStation VRを手に入れた人ならば、遊んでおいて損はないタイトルと言えよう。






■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・東京ゲームショウ2016は過去最高の27万1,224人を記録【TGS2016】
・東北の未来につなげる年賀状を作ろう。「チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト」を開催
・20周年を迎える「東京ゲームショウ2016」が開幕
・モンスターエナジーが「ストリートファイターV - Evil Geniuses 勝ち抜きバトル」を開催
・「人工知能演奏システム」でリヒテルの演奏が蘇る。ベルリンフィルメンバーとの息のあった共演を披露