付き合ってから半年が勝負!? 「結婚しない男」にプロポーズさせる3つの方法

写真拡大

長年付き合って、同棲もしているのに「彼からプロポーズがない! 」と嘆いているアラサー女性を多く知っています。

【婚活】結婚前にこれだけはやっておくべき! 「10の花嫁修業リスト」

かくゆう筆者もその一人でこの手のエピソードであればいくつか持っています。そして未だ独身です。

女性にとってアラサー時期と言うのはとても大事な時期。この時期に付き合う男とは結婚を意識しますよね。

今お付き合いしている男がなかなかプロポーズをしてくれないと悩んでいらっしゃる方がいるならば、是非お読みください。

未だ独身の筆者がお届けする、各方面からのリサーチにより、まとめあげた「結婚しない男にプロポーズをさせる方法! 」ご紹介致します。

結婚願望を持ってもらう

まずこちら。しかし、「え? だからこれができないから困っているんじゃないの」と突っ込んだ方もたくさんいらっしゃるかと思います。

そうですよね。男が結婚しない理由……。それは結婚願望がないからということに集約されます。

ですから持ってもらうのです、結婚願望。ではどうやって?

家事をしている姿を見せてアピール

結婚を1番イメージしやすいシチュエーションでアピールしましょう。

例えば、彼の家でご飯をつくる。その時に出すメニューは張り切ったメニューよりも、お母さんの味を彷彿させるものが良いでしょう。

焼き魚や、煮物、たまご焼きや味噌汁、など地味だけれど家庭の味。張り切ったメニューは特別感があり、結婚はなかなかイメージできません。

大事なのは、彼のこれからの毎日に寄り添える、そんなメニューです。
付き合いがある程度長いのであれば、掃除や洗濯をしてアピールも効果的です。

逆にしてはいけないアピール

結婚をイメージさせるのに1番してはいけないのは、友人の結婚話をしたり、結婚を待ちわびている両親の話などです。

間違いなくプレッシャーに感じますね。また、「結婚アピールされている」と感づかれてしまいます。

なかなか結婚しない男の大半は、結婚に興味がない上に、するタイミングは自分で決めたいという身勝手な人たち。

決断は彼にさせましょう。周囲からのプレッシャーは逆効果です。気をつけて。

旅行に行ってみる

この作戦、筆者の友人たちからちらほら聞きます。

長く付き合うと隣にいるのが当たり前になってしまいます。マンネリ化してしまい、お互いの価値が見えなくなる。

しかし、カップルとはいえ一人の人間同士。たくさんの才能を持っています。
出会った頃はその才能に惚れたはずなのに、いつしか忘れてしまったその感覚を旅行は思い出させてくれる。

知らない土地に二人っきりで行くことで新しい絆が生まれるのでしょう。
人生とは旅ですから。これから先の長い長い旅路を一緒に歩んでいくパートナーとしてかけがえのない存在に気づくのかもしれません。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか?

この他にも、彼が結婚に踏み込まない理由が「仕事が不安定」などの場合は仕事を変えさせる、などという強引な意見があったり、自分からプロポーズするという過激な意見も(笑)

結婚は、付き合ってから半年が目安とよく言いますよね。
プロポーズまでいかないにしろ、どこかのタイミングでしっかり向き合うことは必要かもしれません。

旅行に行って向き合うのも良いですね。
踏み出す一歩は怖いかもしれませんが、貴重な時間を無駄にしないためにも頑張ってくださいね。(アラフォー筆者も頑張ります)

(ライター:ヒナタ)