同じことを繰り返す毎日に、とてつもない"飽き" を感じることのある女子もいることでしょう…。

ちょっと他の世界を覗いてみたい? そんな気持ちに応えくれてたシンガーのティガラさんが、体当たりで『大人の職業体験』してきました!

ゴールデン街でママをする編

アットホームな飲み屋が立ち並ぶ、新宿のゴールデン街。そのゴールデン街では珍しいWママスタイルで10年以上も営業を続ける『Bar BONITA』で、ティガラさんが1日職業体験をすることに。そこから見えてきた、バーのママだからこその人間力とは?

BONITA

この日は、MAIKOママのバースデーナイトとあって常連客がひっきりなしに訪れる日。もう1人のAYAKOママと、先輩スタッフSHOCOさんと一緒にティガラさんのバースタッフ体験がスタート。

【当日の流れ】

▼20:30 開店準備

氷をグラスに入る大きさに砕いたり、テキーラ用のライムをカットしたりと、ドリンクに必要な下準備がメイン。ティガラさんは、「学生時代にアイリッシュバーでバイト経験があるけど、こんな本格的なバーではなかったからドキドキしてる」と、緊張した手つきでライムカットを担当。「バースタッフに大切な心得は?」と、AYAKOママに尋ねてみると…「お客さんとのコミュニケーション能力!」と即答。

▼21:00 営業スタート

オープン直後から、常連さんが続々と来店。「いらっしゃいませと言いますか? それともこんばんは?」と、お店の作法をSHOCOさんに確認しながら接客。

ひとりのお客さんと会話しながらも、お店にいるお客さんの動きを把握して、ドリンクのオーダーをとったり、グラスを洗ったり…これが、なかなか神経を使うもの。

「お客さんとの会話が弾むと、スタッフとしてするべきことを忘れてしまって…そこをAYAKOママやSHOCOさんがフォローしてくれるから、チームワークも必要なんだなと思いました」

ティガラさん

▼21:30 本日の主役MAIKOママ登場

この頃にはすでに満員状態! MAIKOママが好きなバービーが乗っているバースデーケーキも登場し、店内のボルテージは最高潮に。

MAIKOママ

「MAIKOママが来た途端、お店の空気が変わったから、MAIKOママが皆さんに愛されている人なんだと感じました。

もともと銀座のクラブで働いいたMAIKOママが、AYAKOママを誘ってオープンしたバーだから、お2人の息の合ったコンビネーションはすごかった! MAIKOママがお客さんと一緒に盛り上がって、AYAKOママはお通しを用意したり、お会計したしたり…長年2人で切り盛りしてきた歴史に少しだけでも触れられた気がしました」

▼23:00 職業体験終了

「あっという間に終わっちゃった!」というほど、約3時間の職業体験が終了。「今度はお客さんとして遊びに行きたい」と、ティガラさんも『Bar BONITA』のファンに。 

初めての「ゴールデン街ママ」まとめ

「数時間だけど、働いてみて思ったのは、ママ業は"人間力が試される"ってことかなと。お客さんとのコミュニケーションでは、自分の今までの経験が反映されるし、精神力の強さも必要なんだなって。

どこかで"男性からお金をもらう"というイメージがあったけど、このバーは、お客さんが戻ってくれる場所なんだって感じました。それは、MAIKOママとAYAKOママのWママが持っている、エネルギーやパワー、ヒーリング力の賜物だなって。こういうお酒を通じて人に接客するライフスタイルは素敵だなと、素直に思えました。ラフでカジュアルに、男と女ではなく、"人と人"というスタイルがヘルシー!

そして、どことなく音楽を作ることに通ずる部分があるなって。私にとって音楽は、仕事だけど仕事ではないところもあって。仕事として真剣に取り組み部分と、好きなこととして楽しんでいる部分の線引きは人それぞれなんだけど、オン(仕事)とオフ(プライベート)がはっきりと分かれているスタイルではなく、そのラインを自分で引くという作業をしなくてはいけない働き方に共感を持ちました。

実は結婚、出産を経験して、ライフスタイルに変化があったWママ。それでもママとしてバーに立ち続ける姿は、同じ女性としてリスペクトです!」

Bar BONITA

TEL:03-3209-2223

住所:東京都新宿区歌舞伎町1-1-9 新宿ゴールデン街

営業時間:21:00〜翌4:00

定休日:日曜日、祝日