学生時代から旅行が好きで、イタリアやエジプト、マチュピチュなど、多くの国を訪れては、各国の景観を楽しんでいたという、「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」プロデューサーの詩歩さん。観光スポットとして有名なメジャーな場所から、秘境まで、いろんな絶景を見てきた中でも"スペシャルだ"と感じた絶景スポットをおすすめしてもらいました。

SPOT1:町全体がフォトジェニックなモロッコのシャウエン

モロッコにある小さな町シャウエンは、小道がたくさんあり、どこを歩いていてもインスタグラムにあげたくなるようなフォトジェニックな街並みが続きます。そして、モロッコといえば雑貨というほど、おしゃれな雑貨も多くありますし、タジン鍋などのキッチンツールも充実しています。町全体が絶景といった感じ。合わせて、イスラム文化に触れてみるのもおすすめです。

SPOT2:恐竜が出てきそうほどの大自然が広がるカウアイ島

観光地としてメジャーなハワイですが、その中でも一番古いカウアイ島は、ハワイに何度も行ったことがある人にもおすすめです。

ジェラシックパークのロケ地になったエリアがあり、そこをジープで進んでいくと、本当に恐竜が出てきてもおかしくはないぐらいの大自然が広がっています。行き慣れた国でも、見たことのない景色はたくさんあるので、ひとつの国をより知っていくというのも、大人ならではの楽しみ方だと思います。

SPOT3:火山活動により隆起した奇岩が見られるル・ピュイ・アン・ヴレー

フランスの中心部に位置するオーヴェルニュ地方にあるル・ピュイ・アン・ヴレーは、火山地帯として有名なエリアです。この街には、火山活動によって作られた奇岩がふたつあり、そこから街を見下ろした景色は、一度見たら忘れられないほどのミステリアスな絶景です。その奇岩には、聖母像と礼拝堂が建てられているほど、キリスト教が浸透しているので、キリスト教の文化に触れられるのも、ル・ピュイ・アン・ヴレーの魅力です。

SPOT4:ランタン祭りが楽しめる台湾のシーフェン

毎年、旧正月の時期に開催されるシーフェンのランタン祭りは、歴史もあり、希望も大きいので圧巻の景色が望めます。自分のカラダを包み込むほどの大きなランタンに願い事を書いて空に放つのですが、一気に200個以上が登っていくので、ぶわっと鳥肌が立つぐらい神秘的です。台湾なら1泊2日でもいけるので、週末トリップとしてもグッド♪

「The Lantern Fest JAPAN supported by PERRIER」が初上陸

河北麻友子さんと詩歩さんが記者会見に登場した、「The Lantern Fest JAPAN supported by PERRIER」はチェック済? 全米で話題沸騰の絶景フェスティバルが8/20に日本でも初開催された。残念ながら行けなかった人は、SNSでのレポートを追っかけよう。