【Mamiの気になりニュース番外編】

「バイリンガルニュース」のMCを務めるMamiが、ちょっと気になるニュースをピックアップ。ライターyokoが深掘りした記事をお届けします!

5人に1人の母親が自分の赤ちゃんの名前を後悔していることがイギリスの<Mumsnet(マムズネット)>という子育て支援サイトのアンケートから判明しました。理由としては、一番多かった25%が回答した「普通過ぎて他の子とかぶる」、次いで20%が回答した「最初からしっくりきていなかった」、同じく20%が回答した「周りのプレッシャーでこの名前にしてしまった」でした。他には「発音または綴りが難しすぎた」「変なあだ名が付きやすい」「有名人とかぶってしまった」「元々気に入ってなかった」などの回答があったよう。

お母さんたちが名前について後悔するタイミングは意外と早く、36%が「最初の6週間以内に後悔した」と回答。次いで23%が「子供が学校に通い始めて気付いた」と回答したのだとか。

「親にとって最初の仕事の1つが赤ちゃんの名前を考えること、であるが故に間違えてしまうのは、よくあること。考えすぎたり、調べすぎたり、周りの人たちが満足する名前にしようとしたりして、最終的に間違えた選択をしてしまう」と、<Mumsnet>創設者のジャスティン・ロバーツさんはコメントしました。

日本でキラキラネームが流行る理由は、もしかしたら「普通過ぎて他の子とかぶる」ことを避けたい、独自性を求めているからなのかもしれませんね。スマホアプリ「赤ちゃん名づけ」を運営するリクルーティングサービスの調査によると、2016年度上半期のキラキラネームトップ3は「碧空」「星凛」「奏夢」なのだそう。読めない人も多そうですが…、それは日本のお母さんたちの懸念点にはなっていない様子。