キッチンの生活感を払拭する「見せるキッチン収納」のテクニック6選

写真拡大

料理をもっと楽しみたいと思うと、調味料やキッチンツールの数はどうしても多くなってしまいます。

隠しきれなくなってしまったら「見せる収納」にシフトチェンジするのはどうでしょう。

ルーミーの部屋取材で登場した収納テクニックを紹介します。

「壁に付けられる家具」を使って、狭いキッチンで賢く収納


モノがどんどん増えて生活感がにじみ出がちなキッチン。そこで、いままでルーミーで登場した生活感をグッと抑える収納のコツや、便利なDIYアイディアをまとめてご紹介します。無印やイケアなど、手に入れやすいアイテムを使っているので、ぜひご家庭に取り入れてみてください。1


無印良品のヒット商品「壁に付けられる家具」と「横ブレしにくいS字フック


スパイスの置き場所を、ざっくりとDIY


モノがどんどん増えて生活感がにじみ出がちなキッチン。そこで、いままでルーミーで登場した生活感をグッと抑える収納のコツや、便利なDIYアイディアをまとめてご紹介します。無印やイケアなど、手に入れやすいアイテムを使っているので、ぜひご家庭に取り入れてみてください。2


DIYのスパイス棚は「徒歩圏内にホームセンターがあるので、そこでブロックと板を買ってきて置いてるだけ」。簡単ですが、センスは抜群です。

記事はこちら:アーバンリサーチのプレスが、あえてレトロマンションを選ぶ理由(経堂)【みんなの部屋】


無印の「メイクボックス」を食品入れに


モノがどんどん増えて生活感がにじみ出がちなキッチン。そこで、いままでルーミーで登場した生活感をグッと抑える収納のコツや、便利なDIYアイディアをまとめてご紹介します。無印やイケアなど、手に入れやすいアイテムを使っているので、ぜひご家庭に取り入れてみてください。3


無印良品の「メイクボックス」を使って、キッチンにある乾物系やお菓子の袋を一気に収納するテクニック。半透明なので、中に何が入っているか一目で分かります。

記事はこちら:無印の「メイクボックス」を食品入れに【マイ定番スタイル】
購入はこちら:ポリプロピレンメイクボックス


IKEAの「コルクボード」を、見せるスパイス棚に


モノがどんどん増えて生活感がにじみ出がちなキッチン。そこで、いままでルーミーで登場した生活感をグッと抑える収納のコツや、便利なDIYアイディアをまとめてご紹介します。無印やイケアなど、手に入れやすいアイテムを使っているので、ぜひご家庭に取り入れてみてください。4


ポートランド在住の料理人が実践するスパイスの収納テクニック。イケアの「コルクボード」に、ジップロックに入れたスパイスを貼り付けています。ジップロックなら気軽に名前を書き込めるし、場所を取らずに置けますね。

記事はこちら:IKEAの「コルクボード」を、見せるスパイス棚に【マイ定番スタイル】
購入はこちら:コルクボード・VÄGGIS


黒板の粉受けを、調味料棚に活用


モノがどんどん増えて生活感がにじみ出がちなキッチン。そこで、いままでルーミーで登場した生活感をグッと抑える収納のコツや、便利なDIYアイディアをまとめてご紹介します。無印やイケアなど、手に入れやすいアイテムを使っているので、ぜひご家庭に取り入れてみてください。5


Amazonで3個セットで売っていた「黒板消しを置く粉受け」を購入し、マグネットは自分で取り付けたそうです。ガス代のそばに設置すれば、火を使いながらサッと調味料に手が伸ばせます。

記事はこちら:デザイナーの機転を利かせてスッキリと暮らす(学芸大学)【みんなの部屋】


デッドスペースを活用。調味料は「宙に浮かす」


モノがどんどん増えて生活感がにじみ出がちなキッチン。そこで、いままでルーミーで登場した生活感をグッと抑える収納のコツや、便利なDIYアイディアをまとめてご紹介します。無印やイケアなど、手に入れやすいアイテムを使っているので、ぜひご家庭に取り入れてみてください。6


究極のデッドスペースである「空中」に注目しました。棚の天井に取り付けるメリットは、片手で瓶のフタを開けられること。一石二鳥なDIYですね。

記事はこちら:デッドスペースを活用。調味料を「宙に浮かす」DIY