写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTレゾナントは9月20日、「教えて!goo」内にて、2016年3月に提供開始した訪日中国人向けの中国語(簡体字)版 Q&Aコミュニティに続き、中国語(繁体字)版、英語版の提供を開始すると発表した。

昨今、日本を訪れる外国人観光客が増え続けており、Q&Aコミュニティ「教えて!goo」では、訪日観光客が知りたい「観光名所までのアクセス方法」「地方の観光スポットの情報」など、観光客一人一人に寄り添った悩みや疑問に答えることで「おもてなし」を提供していく。

本サービスにより、「教えて!goo」内の中国語(簡体字・繁体字)版、英語版のコミュニティにおいて、ユーザー同士がそれぞれの言語で質問投稿・回答投稿を行うことができる。また、会員数100万人、総投稿数3000万件を超える日本最大級のQ&Aコミュニティ「教えて!goo」日本語版との連携により、日本のユーザーも訪日外国人の疑問に回答可能。日本における訪日外国人向け観光ボランティアの数は増加傾向にあり、観光ボランティアなど「もっと日本のよさを知ってもらいたい」と思っているユーザーに、サービスを利用して情報発信していただくことができる。

また、まいど日本が運営する訪日外国人旅行者向けの温泉旅館専門ポータルサイト「日式温泉旅館」が、専門家として参画し回答。質問者および閲覧するユーザーは、他のユーザーからの回答に加え、専門家からのより信頼性の高い回答を得ることが可能となる。引き続き、日本観光に精通した様々な専門サービスとの連携を強化していく。

(Aries)