写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大きさ、水加減、焼く時間…
こねたものが、いろいろ試行錯誤しながら作られています。
料理をおいしく作るには、様々なものについて
適した分量を考えなくてはなりません。

ブッダも、修行の姿勢やものの考え方について、
適正な立ち位置を見極めることの大切さを発見しました。
これは「中道」と呼ばれ、仏教哲学の重要な教えのひとつになっています。

ブッダが悟りを目指そうとしたとき、当時多くの修行者が行っていた
「苦行」と言う方法を試みました。
苦行が流行っていたのは、命を落としかねないような苦しい状況に耐えることで
精神が研ぎすまされるとか、何事にも動じない境地に至った証明になると
考えられていたからです。

しかし、ブッダは苦しい状況に耐えることと、
悟りに至ることには何も関係がないということに気付きました。
「いかに苦しい事に耐えたか」という成果を出す事にこだわったり、
それを他人と競い合ったりして、悟りに至るという本来の目的を見失ってしまう
(関係のない所で余計な執着が生じてしまう)のです。
現代で言う「寝てない自慢」のようなものかもしれません。

修行に身を投じる前、一国の王子として
不自由のない生活も体験してきたブッダは、
楽すぎたり苦しすぎたりといった極端にとらわれず、
目的のために適した状態(中道)に身を置くことが重要だと考えました。
(「何事も程々に」とか、「とにかく真ん中や平均を取れ」と言うのとは
また違うニュアンスの言葉です。)

自分がやろうとしていること。
その目的のために、適した状態とはどんなものでしょうか?
とにかくひたすら寝ずに頑張らなければならない?
何の準備もしなくて大丈夫?

極端な発想に陥る前に、自分にあったやり方を見つけられるよう
試行を重ねていく必要がありそうです。

■こむぎこをこねたもの、とは?

■著者紹介

Jecy
イラストレーター。LINE Creators Marketにてオリジナルキャラクター「こむぎこをこねたもの」のLINEスタンプを発売し、人気を博す。「こむぎこをこねたもの その2」、「こむぎこをこねたもの その3」もリリース。そのほか、メルヘン・ファンタジーから科学・哲学まで様々な題材を描き、個人サイトにて発表中。

「週刊こむぎ」は毎週水曜更新予定です。

(Jecy)