20日、モデルで女優のリン・ホンが実業家男性との入籍を発表し、ネットユーザーからは大きな祝福の声が送られている。

写真拡大

2016年9月20日、モデルで女優のリン・ホン(熊黛林)が実業家男性との入籍を発表し、ネットユーザーからは大きな祝福の声が送られている。Yahoo!香港が伝えた。

【その他の写真】

香港の女優ケニックス・クォック(郭可盈) の実弟で、実業家のケン・クォック(郭可頌)氏と交際中だったリン・ホンが、今月初めに入籍していたことが明らかになった。2人の交際が発覚したのは14年末で、結婚式は年内にも行う予定だ。

リン・ホンと言えば、「香港四天王」の1人、アーロン・クォック(郭富城)との長年の交際でも知られる。2人の熱愛が浮上したのは、リン・ホンが無名モデルだった06年のこと。7年間交際したのち、13年に破局している。

アーロン・クォックはリン・ホンと交際中、その関係を一度も正式に認めなかった。さらに破局後、あるインタビューで「古い靴」に例えて元恋人を語ったとして、大きな批判を浴びている。また、アーロン・クォックは昨年末、23歳下の中国人無名モデルとの交際を発表し、ツーショット写真まで公開。7年間も認めてもらえなかったリン・ホンとは明らかに待遇が違うため、「あまりに非情な仕打ち」「ばかにしているとしか思えない」として、世間からはリン・ホンに同情の声が寄せられていた。

そのリン・ホンがリッチな実業家男性と堂々ゴールインを果たしたことで、多くのネットユーザーが「彼女には本当に幸せになってほしい」と祝福の声を寄せている。(翻訳・編集/Mathilda)