コミュニティアプリ「アンサー」に、「お葬式で吹き出してしまうわたしを叱ってほしい」という内容のスポット(2ちゃんねるなどでいうスレ)が立っていた。

投稿者には他にもつい吹き出してしまう場所があるそうで、どうやらあらたまった機会やかしこまった場所が苦手なようだ。

悪気がないのにどうしても吹き出してしまう私

笑ってはいけないところで...(daily sunnyさん撮影。flickrより)

「とくに坊さんとか見てると」と、宗派にもよるかもしれないが、あの独特な装束がツボに入ってしまうというニュアンスが感じられる投稿者の発言。

「吹き出しそうになるの我慢するのに必死」とも言い、実際そんなときには肩を震わせながら笑い声を押さえているのか、「葬式なんかは泣いてるのか吹き出しそうになってるのかわからないだろうけどね」と、お葬式の当事者には絶対に聞かせられない過激な発言だ。

投稿者も、「不謹慎ですみません」「死者を冒涜しているわけではありません」とは言うが......。

他のユーザーからも、「不謹慎だけど、坊さんのお経無理だわ」「確かに、語尾が上がるとは笑いそうになったことある」と同意する声が上がる。

「美容院もヤバイ」

この投稿者、ほかにも美容院がやはり吹き出しそうになってしまうスポットだという。小洒落た空間に個性的な容姿や動きの美容師、パーマをかけているときの見た目と客の真顔。たしかに一度冷静な目で見ると思わずプッとなる気持ちも分からなくはない。実際、他のスポット参加者からも同意の声が上がっていた。

筆者も、セレモニーホールとかでのお葬式など、伝統的なお坊さんのスタイルとの釣り合わなさに、吹き出しはしないが「うーん」となってしまう。気持ちはわからないではないが、いずれにせよ、こういった場所でも普通にいられるのが社会人(投稿者がそうだと断定できないが)としての資質とも言えそうだ。(ライター:アンジ)