私たち人間は、必要以上に物事を難しく考えてしまう生き物のようです。

生活、人間関係、目標に、TODOリストと、とにかく複雑にしがちです。もっとシンプルに生きたい、肩の力を抜いて気楽になりたい、日々そう思う人もいるでしょう。

ここでは、「Inc.com」のエッセイスト、ニコラス・コールさんの提案を参考にしてみましょう。シンプルに生きるためのティップスとは? 

01.
まずは要らないものを
捨てることから

そのシャツは最後に着たのはいつですか? 捨てましょう。

会員として最後に利用したのはいつですか? 退会しましょう。

その友達と最後に話したのはどのくらい前ですか? なんとなくの約束は止めましょう。

余計なものをそぎ落として、あなたの生活に本当に必要なものだけを残しましょう。

02.
望みをはっきりさせる

曖昧な期待感や、対立、間違いは、フラストレーションを引き起こします。

もっと成長したいなら、望みをはっきりさせましょう。

すると、より客観的な視点を持つことができます。

03.
広く浅くではなく
深さを追求する

成長したいと思ったとき、めいっぱい項目を考えて、TODOを増やそうとしてしまいがちです。TODOが増えると、そのたびに方向性が変わったり、タスクが難しくなったりして、脳のスイッチが次々に切り替わってしまいます。

あまりに多くのプロジェクトを抱え込むと、ついには空回りしてしまいます。

広く浅くつまみ食いするのではなく、ひとつのものを深く追求するのです。

04.
付き合い方を考える

背伸びをした生活や付き合いをすると、徐々に経済的にきつくなってきます。

持てる以上の成功や裕福さ、ライフスタイルをアピールし続けると、生活そのものがギリギリになってしまうでしょう。

「人脈作り」などの特別な目的や自己投資でない限りは、害にしかなりません。

05.
予定を入れすぎない

約束、約束、そしてまた約束…それはスマートでしょうか。そのスケジュールはいつ終わるのでしょうか?

そんな状態は健康的ではないし、長くは続けられません。

「休憩」もしっかりと予定に組み込んでください。

06.
ウワサ話はしない

不毛なウワサ話は、人生をあっという間にややこしくします。ぜひあなたは崇高な道を選んでください。

07.
毎日の正しい習慣を

体調不良にならないよう、先々の事まで考えてジム通いや食事など、日々の習慣について考えましょう。

もし体調が悪ければ、そのきっかけになっている生活習慣を探る必要があります。

08.
与えよ、さらば与えられん

思うように事が運ばないのは、あなたが「欲するモード」だからです。一方で、人に何かを与えるとき、本当に必要かどうかがはっきりわかるのです。

与えて、与えて、与えてください。

そうすれば、すべてうまくいくでしょう。

09.
万人受けを狙わない

人生で最も大きなストレス要因は、誰にでも「いい顔」をすることです。

八方美人にそれほどの価値はありません。

自分自身に忠実でいてください。

そうすれば自然と、必要なものを惹きつけ、不必要なものを遠ざけるようになるでしょう。

Licensed material used with permission by Nicolas Cole