写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●あらゆるものがイカしているハイセンスなオフィス
○GitHubの謎

Web系の開発に携わっているエンジニアであれば、大抵はGitHub(をご存じだろう。最近立ち上がった新しいプロジェクトの多くはGitHubをホスティングサービスとして使うことから、ソースコードを読もうとすればおのずとGitHubを使うことになるし、プロジェクトサイトがGitHubしかないというプロジェクトだってある。GitHubを使うのがトレンドのようだ、といったことは、多くのエンジニアが肌で感じていることだろう。

そこで、1つ不思議に思ったことはないだろうか。GitHubのサービスを使うと必ずといってよいほど現れるあのシルエットだ。そう、これだ。

「キモカワ」という属性に分類されるであろうこのキャラクター。感性は人それぞれだが、これはちょっとばかり「キモい」と思う。顔のかわいさと体のタコのような感じが、何とも言えない絶妙なバランス感を演出している。

今、シリコンバレーでメキメキと成長しているGitHub。今回、GitHubの米国本社を取材する機会を得た。本稿では、GitHubのオフィスは一体どういうところなのか、そしてこのキモカワなキャラクターは何なのか、その謎を解いていこうと思う。

○想像以上にイケてるGitHubオフィス

GitHubのオフィスは米国カリフォルニア州サンフランシスコのサウスビーチ付近にある。ビジネスビルと昔からあるであろうレンガ造りの元倉庫または元工場が並んだ通りだ。海岸の雰囲気と"サンフランシスコ感"が適度に混ざった通り沿いにある閑静なオフィスである。

GitHubのビルはレンガ造りの建物で、中は木で作られた柱と梁がベースとなった暖かみのある作りになっている。日本のIT企業のオフィスからすると職場とは思えないほどイカしたデザインでまとめられていて、雰囲気も含めてぜひともこういうオフィスで働きたいと思わせる。サンフランシスコのIT企業の中でもデザインセンスはかなりよいほうではないかと思う。

GitHubは半数以上がリモートで働いているため、ここには従業員の半分も来ていない。世界中に従業員がおり、それこそGitHubを使ってコミュニケーションを行い、世界中で事業が展開されている。ヘッドクォーターのオフィスはデザインセンスが抜群で、在宅の環境は整っており、会社も上昇気流。世界中から優れた人材が集まっているというのだから、うらやましいとしか言えない会社だろう。

オクトキャット「モナリザ」って何だ?
GitHubオフィスを子細に紹介しても、正直なところ、ねたましい気持ちしか出てこない。この話はここまでにしよう。

ただ、お洒落なオフィスだが、1点だけおかしなことがある。どこを見ても、あのキモカワキャラクターが鎮座しているのだ。GitHubをページを開くと、どこを向いてもあのキャラクターまたはその影が目に入ってくるが、それがオフィスでも同じなのだ。このキャラは「オクトキャット(「たこ猫」と、見たまんまのネーミング)」と言うそうだ。どこを向いてもオクトキャットがいる。

●実は家族、親戚までいる!? オクトキャットの真の姿とは?
前々から気になっていたこのキャラクターについて聞いてみると、なかなか面白い話が聞けた。「詳しい話が知りたいので、ドキュメントが欲しい。もし、Webサイトにまとまっていれば、URLを教えてほしい」と言ったら、「そういうものは聞いたことがない」と言われた。

どうもこのキャラ「オクトキャット」の誕生のなれそめは従業員の間でも口頭で伝わっているらしく、公式なドキュメントはないという。どうも聞く人ごとに微妙に話が違うと思っていたのだが、それが理由だったようだ。

聞いた話をまとめるとこんな感じになる。

・GitHubのロゴかキャラクターが必要ということになった。Webに問題がある状態をエンジニアが「オクトパスなんとか」とか言っていて、それで素材サイト検索したら、たこと猫がくっついた素材を見つけて、そこから着想を得てこのキャラクターを考案してもらった(オクトパス攻撃のことではないかと思うが、オクトなんとかだかオクトパスなんとかということまでしかわからなかった)。
・キャラクターをデザインしたのは初期Twitter Birdのデザインを担当していた人。さまざまなプロジェクトやコードをジョイントできる感じがオクトキャットにはある。
・オクトキャットをデザインした後に、このキャラクターのバックグラウンドやキャラクター付けが必要ということになった。
・GitHubの初期メンバーのお嬢さんに、何かのキャラクターを使って架空の物語を作りなさい、という宿題が出たことがあった。彼女はオクトキャットに「モナリザ」という名前をつけ、妄想から素敵なストーリーを作り出した。これが今のモナリザのバックグラウンドになっている。

彼女(She is sheと言っていたので、たぶん女性)モナリザはオクトキャットの中で代表的な存在のようで、実は、オクトキャット族(?)は他の名前の方も大勢いらっしゃるそうだ。GitHub Universe 2016のオープニングではこのオクトキャット3人(匹?)が織りなすショートアニメが放映された。皆に愛されていることは間違いないようだ。

GitHubは開発プラットフォームに新しい潮流を生み出しているが、そのヘッドクォーターのオフィスは最先端とユーモアと遊び心が混じった面白いところだ。できれば、オクトキャット誕生のやり取りもGitHubでホスティングしたプロジェクトとして進めてもらっていたら、あとから調べるのが楽でよかったのにと思わないこともないが、彼女は今後もさまざまなシーンで活躍するようだから、今後もその活動を楽しみにしていこうと思う。

(後藤大地)