ジムに挫折した人はこれどう?筋トレより飽きない運動【元アイドル22kgヤセへの道】

写真拡大

<元SDN48・なちゅ【22kgヤセへの道】42話>

 22kg痩せて、リバウンドしたなちゅです。そしてまたダイエット中です。

 人生は常にダイエット。自分に合うダイエットを見つけることは、結婚相手を探すことと同じように難しい、そう思っている三十路デブな私。ただ私にはもう時間がない! 二十代の頃と違って時間も代謝も全然余裕はない。

 ジムに挫折した私が続くであろうこちらをご紹介します。

 キックボクシング!

◆コツコツ型の筋トレ、発散型のボクシング

 デブな私が無理して動くと、膝や腰をすぐに怪我しちゃうので、膝・腰に気をつけながら少し無理するくらいで体を動かしてます。

 私の通うキックボクシングジム「レンジャー」のその店舗は、基本クーラーをつけてくれません。デカイ扇風機が一つ。なのでもうウエアに着替えてる時点で汗が。

 そして軍手をして(手を温めるとさらに汗をかきやすいのだとか)、首に汗拭きタオルをまいて、バイクを10分〜15分程度ウォーミングアップにこぎます。部屋中蒸して暑いのでその時点で汗が出ます。

 そのままストレッチをして、縄跳び(私は嫌いだからあんまりやらない)、サンドバックなど、その日の具合で軽く10分程度動きます。

 そしていよいよ、トレーナーさんがついてのミット打ちを3ラウンド以上します。1ラウンドが3分。その後30秒休憩。の繰り返しでピピピッ! て大音量でなる大きなタイマー時計に従います。

 私は続けて3ラウンドするのがちょうどいい感じ。最大8ラウンドやったことがあるのですが、その翌日体調崩して寝込んだのでやりすぎないことをおすすめします。

 3ラウンドは集中したらあっという間。何より相手がトレーナーさん(人間)なのでサンドバックみたくつまらなくない! 飽きない。

◆相手が人間だから、楽しい、飽きない!

「ジャブ」「ストレート」「アッパー」「フック」「キック」など次に何を指示をされるか分からなくてドキドキ。集中するし何よりパンチやキックをトレーナーさんがもっているミットに自分で打ち込んだ時の「ドスン!」「バシッ!」って音が想像以上に鳴るので本当に楽しい! かなり運動やってる感あるし、ハマります。

 日常でイラっとしても人様を蹴ったり殴ったりできないでしょ? ムカツク上司でも同僚でも思い出してボコボコにすると最後はごめんねって気持ちに余裕が生まれる位スッキリしますよ。

 「私は痩せたいです! デブですいません」と事前に伝えてあるので「このデブ! 脂肪なくなれー!」と自分にほえながらやってます。

 するとトレーナーさんもわざと挑発してくれたりします。

「俺に言われてムカツク気持ちをぶつけて!」と言われ、

「おい! 誰が悪くて太ったんだぁ?」。パンチ!

「飛べない豚は?」と言われたので

「ただの豚だぁあああー!」と叫びながらキックしました(笑)。はぁ、スッキリ。

◆スッピンボロボロで行けるボクシングジムを選ぶべし

 キックボクシング=女性は行きづらいイメージなのは、昔の話って感じですね。

 もちろん男8人女2人なんて状況もありますが、全然気にならない雰囲気。言うたら男だらけって感じで居心地いいです。

 女性もムキムキでキックボクシングのプロか? なんて人もいますが、美人でめっちゃ細い! なんて人の方が多いかも。

 私みたいにデブでボロボロの格好でも余裕って人も多いです。自由。

 ぶっちゃけ暑いし忙しくてそんなのどうでもいい、ってなります。クラスレッスンもあるのですが、女性専用クラスの日は15人ぐらいいました。そういう時は、男性はクラスの邪魔にならないように自由にサンドバックしたりしています。