様々なエンタメやコンテンツを楽しめる性能を搭載

写真拡大

パソコンおよびスマートフォン(スマホ)などを扱うASUS JAPAN(エイスース・ジャパン、東京都千代田区)は、7.9型SIMフリータブレット「ZenPad 3(ゼンパッド・スリー) 8.0」を2016年9月16日に発売した。

タブレット端末として最高峰の解像度だという7.9型(2048×1536ドット)IPS液晶ディスプレイに、光の乱反射を軽減して鮮明に表現できる「VisualMaster」や、動きの激しい映像でもブレを軽減し、よりリアルに楽しめる「ASUS Tru2Life+」などのテクノロジーを搭載する。

サウンド面では「デュアルフロントスピーカー」による豊かなサウンド表現に加え、「DTS Headphone:X」に対応し、映画館やライブハウスのような臨場感を実現した。

microSIMスロット×1を装備。「キャリアアグリケーション」対応の高速通信のほか、音声通話付きSIMカードと組み合わせればスマホのように通話も可能だ。

OSは「Android 6.0.1」、メモリーは4GB、内蔵ストレージは32GB。microSD/SDXC/SDHCメモリーカード対応。容量4680mAhバッテリーを搭載し、約3時間の充電で最長約11時間の連続使用が可能。IEEE 802.11 a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1をサポート。カラーはブラック。

価格は3万6800円(税別)。