ガジェット通信のふかみんです。

キリンビバレッジさんが「100万本シークレットサンプリング」をやっているとのことで、お願いして編集部まで送ってもらいました。
気になってはいたのだけど、街で配ってるところにたまたま出くわすということもなさそうですし。

缶がこんな形になっていて、製品名がわからないようになってるんですね。

まさに秘密のお試し品。

というわけで早速飲んでみました。勝手に濃厚な苦味を想像してたんですが、意外とスッキリしてて飲みやすい。
甘みはほのか。これは朝飲みたくなる感じでしょうか。

キリンさんで缶コーヒーといえば「FIRE」ブランドですが、
もしかして、今回はそれと別になるんでしょうか? 

まぁ、そこまで大胆なことはないかと思いますが、個人的には、どんな製品名で、缶のデザインはどうなるんだろうかとか、そっちを想像して楽しんでます。このお試し品の缶の形もすごいですしね。
ちなみに、このお試し品の缶はFIREの「挽きたて微糖」にそっくりですね。

10月4日の発売時もこの形なんでしょうか。
しかし100万本もサンプリングで配るなんてすごい。

配布はなくなり次第終了、だそうです。
Webで応募する、という方法もあるようですよ。

興味のある人は以下の公式リリースを見てみてください。

(ふかみん)

参考)
キリン公式ページ:ニュースリリース
“缶コーヒーの常識が変わる”
キリン史上最大!「100万本シークレットサンプリング」を日本全国で実施

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信』