撮影/つるたま ©Disney

写真拡大

東京ディズニーシーでは、2016年9月9日〜2016年10月31日までの53日間、秋のスペシャルイベント『ディズニー・ハロウィーン』を開催しています。

【写真13枚】TDS子どもと楽しむハロウィーン フォトギャラリー

今回はこの期間ならではの、子連れディズニーの楽しみ方をご紹介します。

根強い人気! トイマニに乗るなら朝イチで!

2016年秋現在の人気アトラクションといえば『トイ・ストーリー・マニア! 』です。

おもちゃの世界のシューティングゲームを楽しめるアトラクションで、2012年のオープンから不動の人気を誇ります。

持っていると優先的に乗車できる『ファストパス』の対象アトラクションですので、朝イチに訪れて『ファストパス』を取得しておくとよいでしょう。

食事をしながら、ハロウィーン体験!

折角のハロウィーンシーズン、ディズニー・ハロウィーンを楽しんでみるのもよいですね。

アラビアンコーストにあるカレー屋『カスバ・フードコート』では、ハロウィーン期間限定で、マジシャンや大道芸人たちによるショーを行われています。

鑑賞方法は、レストランで食事を購入後、好きな座席に座るだけ。

予約不要で利用できるレストランですので、ピークタイムとなる昼夜の食事時を少し外した時間に訪れてみるとスムーズに利用できます。

公演時間は非公開で、同行者へのサプライズにもピッタリです。

また、2016年に行われている東京ディズニーシーのハロウィーンはヴィランズ(悪役)が主役のため、限定ハーバーショー『ザ・ヴィランズ・ワールド〜ウィッシュ・アンド・ディザイア〜』は、少し怖い雰囲気で行われます。

不安に敏感なタイプのお子さんは、手を繋いでいると安心して鑑賞できるかもしれませんね。

最新ショーを体験しよう!

東京ディズニーシー2016年の最新コンテンツといえば、2つのショー、『アウト・オブ・シャドウランド』と『ビックバンドビート』です。

2016年7月にオープンした『アウト・オブ・シャドウランド』は、プロジェクションマッピングを使用した演出が魅力のミュージカル・ショーで、シンガー・ソングライターのアンジェラ・アキさんが劇中3曲の楽曲制作していることでも知られています。

『ビックバンドビート』は2006年から人気のライブバンドによるレビューショで、ー15周年を期に内容がリニューアルされ話題を呼んでいます。
この2つのショーを鑑賞するためには、『座席指定券』を入手する必要があります。

抽選は、東京ディズニーシーにある抽選所あるいはスマートフォン『ショー抽選アプリ』から、1グループ1日1回のみおこなうことができます。

当選すれば、待ち時間無しで鑑賞することが可能ですので、チャレンジしてみては?

まもなく終了! 見納めたい2つのショー

東京ディズニーシーでは2つのショーが今年度で終了します。

大きな客船のまえで行われている『テーブル・イズ・ウェイティング』は2017年3月17日まで。

食事をしながらショーを見られる『マイ・フレンドダッフィー』は、公演内容の一部「ミッキーマウスとダッフィーが冒険に旅立つまでの物語」が2017年1月9日で終了し、2017年2月1日からは「ジェラトーニがケープコッドで新しいお友だちに出会う物語」が公演されます。

いずれのショーも生で観られる時間は残りわずか、家族みんなで思い出を残してみてはいかがでしょうか。

要チェック!スムーズに楽しむ2つのポイント

最後に、東京ディズニーシーをスムーズに楽しむために覚えておきたい2つのポイントをご紹介します。

休日入園できるのは日付指定チケットだけ!

2016年10月以降土日祝は日付指定パスポートのみ入園可能、期間中いつでも入園できるパスポートをお持ちの方は要注意です。

レストランは席予約しよう!

テーブルサービスタイプのレストランは完全予約制、来園前に予約をしておきましょう。

来園当日朝9時以降にインターネットから予約することも可能です。

オシャレなフォトスポットもいっぱいな『ディズニー・ハロウィーン』は2016年9月9日〜2016年10月31日まで開催です。