「ジュラシック・ワールド」第2弾の製作費は…

写真拡大

「ジュラシック・ワールド」第2弾の製作費は、第1弾を1億ドル(約101億円)以上も上回るようだ。2015年の大ヒット作に次ぐ、現在タイトル未定の第2弾は来年夏公開予定となっており、その製作費は第1弾のおよそ2倍にもなるという。

フアン・アントニオ・バヨナ監督は、スペインの雑誌El Pais Seminalに対し、「2億6000万ドル(約264億円)もの巨額製作費を投入する」とコメントしており、第1弾の製作費1億5000万ドル(約153億円)をはるかに上回る額の製作費をかけることを明らかにした。

さらにバヨナ監督は同作品のタイトルはすでに決まっており、もうすぐ発表されると続けている。

巨額の製作費が明らかになった同作でメガホンを取るバヨナ監督は以前、「ジュラシック・ワールド」の前身である「ジュラシック・パーク」シリーズの大ファンであり、自身が監督に就任してからもスティーブン・スピルバーグ監督の心を引き継ぐつもりだと語っていた。

新3部作になると噂される前作「ジュラシック・ワールド」は、世界中で16億7000万ドル(約1700億円)の興行収入をたたき出し、映画史上第4位の興行成績を記録している。