伝統色が気分にしっくり。爪に優しい胡粉ネイルで彩りを

写真拡大 (全4枚)

2016年秋冬のトレンドカラーといわれているラッシュメドウや、スパイシー・マスタード、それにエアリーブル―。どれもネイルにするにはすこし色味が強いかなと思っていたところ、似ているのにより手元になじむ、使い勝手がよさそうなネイルカラーが2016年9月16日(金)より発売されました。
除光液なしで落とせる優しいネイル
それは「胡粉(ごふん)ネイル」の和色シリーズから登場する秋冬限定カラー、黄紅葉(きもみじ)、青朽葉(あおくちば)、雲居色(くもいいろ)。
胡粉ネイル 黄紅葉(きもみじ)10ml/1,300円(税込)
胡粉ネイル 青朽葉(あおくちば)10ml/1,300円(税込)
胡粉ネイル 雲居色(くもいいろ)10ml/1,300円(税込)
胡粉ネイルとは、日本最古の日本画用絵具専門店でもある上羽絵惣株式会社が、原料の一部に日本画の顔料である胡粉(ホタテ貝殻の微粉末)を使用し、従来のマニキュアや除光液に含まれる有機溶剤を使わずにつくった水性ネイル。だから鼻をつくようなツンとしたニオイもなく、また、アセトンなどの除光液を使わず、手指の消毒用アルコールでも落とせる爪に優しいネイルです。
秋冬の手元に似合う3つのカラー
そしてこの3色は、平安時代から日本人に愛されてきた秋の色です。伝統色だけに、単色使いでもおしゃれですが、3色使いも華やかですね。また、このようにターコイズカラーのネイルパーツをつけても素敵です。

ASAKI ✴︎ nailartistさん(@andmenail)が投稿した写真 - 2016 8月 28 7:03午前 PDT

日本画絵具専門店ならではのこだわりの色を、透明感のある艶やかな発色で表現する胡粉ネイル。その和色シリーズの秋冬限定色は、これからのシーズンにぴったりのカラーです。
[上羽絵惣株式会社]※秋冬限定の3色は2016年9月16日以降〜春までの販売予定です。
あわせて読みたい
・レトロ柄ワンピースにはまる水彩ネイル・イラストレーター横峰沙弥香さんが見つけた美のスポット(Sponsored)・ゆるやかランニングで叶える、心地よい自分再発見(Sponsored)

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。