こんにちは、渡辺早織(@w_saori)です。

季節の移り変わりの、とくに気温が下がるようなまさにこの時期に、なんとなく気持ちが上がらないことってありませんか? そのまま気にとめずに過ごしてしまうと、モヤモヤから脱却できずに人知れず心の不調が続いてしまう危険があります。うちから湧くメンタルだけでは解決できないときには、どのように気分転換するのがいいのでしょうか。
日常での軽い疲れから仕事がうまくいかないとき、失恋の悲しみから抜け出したいときなどそれぞれにあった気分転換の方法があります。シーン別での気分転換の方法をみていきましょう。

仕事や勉強などの息抜きには

別のタスクに手をつける

進めたい仕事や勉強がどうしても進まないときは、あえてその作業はやめてやり残していた別のタスクに手をつけたり、別の科目を勉強したりすることで、同じように机に向かっていても気分転換になることがあります。

ストレッチをする

長時間、同じ姿勢をとっていることによって頭や肩が凝り血流がとどこおり疲れが発生します。
肩甲骨を近づけるようにうでを大きく動かしたストレッチや、首をゆっくりとまわしてみるなど血流をよくするストレッチがおすすめです。

席を立つ

どうしても集中力が持続しないときには、思い切って席を立ちましょう。5分後に戻るなど時間を決めることでメリハリのつく気分転換になります。

仮眠をとる

起きている状態で気分転換ができないときは仮眠をとるのが1番。たった15分の睡眠でも仮眠をとるととらないとでは、そのあとの集中力に大きな差が出てきます。

翌朝、気分が変わる夜の過ごし方

アロマを焚く

香りと心の関係は切ってもきれないもの。疲れをとるものや、癒し効果のあるもの好きな香りをたきましょう。
たく元気がないときはオイルを枕元に数滴たらして、目をつむって横になり深呼吸するだけでもちがいます。

クラシック音楽を聴く

クラシック音楽は右脳に働きかけるので普段の生活で使っている左脳を休める効果があります。1日使いすぎた脳を休めることで翌朝フレッシュな状態になるのです。

失恋の悲しみから抜け出したいとき

気のおけない友だちと会う

失恋の悲しみを癒してくれるのは絶対的に同性の友だちです。
会って気をつかわない親しい友人と心ゆくまで話したり、おいしいご飯を食べたりしましょう!

自分に投資する

こんなときこそ自分磨き。欲しかった服を買ったり新しい習いごとをはじめたりなりたい自分に変身するいいタイミングにしましょう。

人に会いたくない休日

1人で旅に出る

近い遠いは関係なく日常の生活範囲から離れて環境をかえることで自分を見つめ直すことができ、新しい発想が生まれやすくなります。そこまで時間がないときは、普段入らないカフェなどでひと息つくのもいいでしょう。

動物と触れ合う

アニマルセラピーという療法があるくらい動物と触れ合うと心身ともに大きな働きかけがあります。ペットを飼っている人はゆっくりペットと過ごしたり、猫カフェやペットショップにいったりしましょう。

好きな映画を見て思いっきり泣く

大人になると人目を気にして思いっきり泣く機会は減っていきます。しかし子どもの頃に大泣きしてそのあとスッキリしたことがあるように、心の苦しみを外に出すことで、悩みから脱却できる近道になります。これをカタルシス効果というそうです。
家で1人で思いっきり泣くことはけっして悪いことではありません。

いかがでしたか?
自分が思いもよらないところでスッと気分転換できることもたくさんあります。
自分の心の変化に敏感に過ごしていきたいですね。