「実はお父さんたちが大好きなサウナも、正しい入り方をすればED解消に役立つのです」
 こう話すのは、EDドクターこと「浜松町第一クリニック」院長の竹越昭彦氏だ。
 サウナで疲労回復ならともかく、ED解消なんて初耳だ。

 勃起のメカニズムを考えれば、サウナの持つ効能は男性の下半身強化を手助けするものばかりだという。
 「まず、サウナの一番の特徴は暑さ。ムシムシとした空間ながら、入っていると次第に肩凝りなども解消されるのはご存じの通り。そうした身体の凝りが和らぐのは、言うまでもなく血行が促進されるからです」
 血の巡りがよくなる--。本コーナーの愛読者ならすでにピンと来たはず。勃起とは海綿体に血液が流入することによって起こる現象。つまり、血行がいいほど素早く勃起して、硬さも維持できるのだ。

 それだけではない。
 「サウナに入ることで血管が拡張されるので血圧も低下すると言われています」

 血管の拡張も勃起に欠かせない。そもそもペニスは海綿体の血管が拡張して大きくなるからだ。
 「こうした点からも、サウナに入った後のほうが、間違いなく“勃起しやすい”と言えるのです」
 思えば昨今、ラブホテルにもサウナ付きの部屋は多い。あれはまさにED気味の男性のために設置されているのかもしれない。

 次に、サウナの効能といえば、ストレス解消だろう。
 「人間は汗をびっしょりかくことで、爽快な気分になれるんですね」

 そもそも精神的なストレスは、なぜ生まれるのか。
 「いろいろな悩みが頭の中に渦巻いてしまうと、血液が頭脳に多く出入りするのです。その結果、頭脳に血が巡り過ぎて、身体は固くなり、疲れを感じてしまう。だから体を動かして、汗をかいて、全身に血を巡らせることでストレスが解消されるのです」

 サウナの場合、運動をしなくてもその効果が期待できるため、ラクしてストレスを発散しやすいのだ。そして、このストレスが心因性EDの要因になることは、皆さんもご周知の通り。
 だが、サウナに入るだけでアッチも元気になるワケでもない。先にも述べた通り、正しい入り方が重要なのだ。
 「いい面もある一方、長時間のサウナは心臓を始め、多くの臓器に負担をかけます。逆に体調を崩す原因にもなりかねません」

 まず、サウナの時間は8〜10分にしておこう。
 「あまり慣れていない方は、もっと短い時間でもいいくらいです。基本的に日本人男性はサウナの時間が長過ぎると思いますね」

 また、当然ながら、サウナに入る前は水分補給をして、体を濡らすこと。
 「頭もしっかり濡らしてから入ることが大事です。たまに必死に汗をかこうと、頭からすっぽりとタオルを被っている方がいますけど、あれはよろしくないです」

 ちなみにサウナ=汗をかく=ダイエットになるという考えも、まったくの間違いだという。
 「水分が減って一時的に体重も落ちているだけ。その程度では痩せられません」

 ゆえにダイエット目的は諦めて、今回紹介したように血行促進+ストレス発散=ED解消を目指して、サウナを楽しもう!

竹越昭彦氏
『浜松町第一クリニック』院長。ED治療の第一人者で、バイアグラやレビトラ、シアリスといった治療薬のそれぞれの効果や服用法などに精通。著書に『40代からの心と体に効く【生涯SEX】のすすめ』(扶桑社新書)がある。