米ボーイング社は13日、中国に関する市場展望レポートを発表し、中国が今後20年間で新たに必要とする航空機は6810機、約1兆ドル規模に達すると報告した。写真は上海浦東国際空港。

写真拡大

米ボーイング社は13日、中国に関する市場展望レポートを発表し、中国が今後20年間で新たに必要とする航空機は6810機、約1兆ドル(約103兆円)規模に達すると報告した。

毎日経済新聞によると、同社のランディ・ティンゼス氏は「中国市場の現在の規模は米国の40%だが、民間航空機の旅客輸送量は年平均6.2%の勢いで増加している」と指摘、中国は20年後に米国を追い抜き、世界で初めて1兆ドルを超える航空市場になるとの見方を示した。

ボーイング社にとって中国の航空会社は最大の顧客だ。過去3年間の引き渡しでは25%を中国が占めた。同社は「中国のサービス業において観光と輸送は重要な領域」として、今後20年間の旅客輸送量増加率は年6.4%と予測。ティンゼス氏は「中国の中間層の拡大や新たなビザ政策、各種広胴機の登場により、中国の長距離路線市場の先行きは明るい」とコメントした。(提供/Bridge・編集/Yamaguchi)