東京大学の22の研究論文に不正の疑い 告発文書が届き調査へ

ざっくり言うと

  • 東京大学は20日、不正の疑いがある22の研究論文について調査を始めると発表
  • 8月17日と9月1日の2回に分けて、不正を告発する匿名の文書が郵送されていた
  • グラフの不自然な加工や、データの存在が疑われることなどが指摘されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング