生まれつき「まぶた」のなかった子猫の手術が成功!回復後のまなざしが可愛い

写真拡大

保護されて愛護団体に運ばれてくる動物たちの中には、厳しい境遇に生まれた子たちもいます。

猫のドーラとフェリックスもそんな中の2匹。

生まれつき「まぶた」がなかった子猫たち

どちらも、まぶたがない状態で生まれたようなのです。

2匹は生後5週間のとき、オーストラリア・ブルーマウンテンで保護されました。

RSPCA Dubbo Adoptions & Foster Care / Facebook

RSPCA Dubbo Adoptions & Foster Care / Facebook

保護したカップルは、2匹の様子がおかしいことに気づき、地元の動物保護団体RSPCAに連れて行ったそうです。

そこで、生まれつきまぶたがないことが判明。

手術をしなければ1年以内に失明するという状態でした。

8時間にわたる手術が成功

2匹が6か月になると、動物の眼科医による手術が行われました。

8時間にわたる手術は見事に成功し、2匹にまぶたが!

Portraits of an Animal Shelter / Facebook

Portraits of an Animal Shelter / Facebook

このまぶたは唇の細胞を移植したのだそうです。

元気になって家族を募集中

9か月になった2匹は完全に元気になり、新しい家族を待つ準備が整ったといいます。

ドーラは勇気があってとても賢い女の子。

陽気な性格で、可愛がってもらうこととおもちゃが大好きだそう。

Portraits of an Animal Shelter

Portraits of an Animal Shelter / Facebook

フェリックスは愛情表現豊か。大きな声でゴロゴロと鳴く甘えん坊のようです。

Portraits of an Animal Shelter

Portraits of an Animal Shelter / Facebook

厳しい日々をきょうだいで耐え抜いた2匹ですから、RSPCAでは、できれば一緒に引き取ってもらいたいとしていますが、1匹ずつでも大丈夫とのこと。

素敵な家族ができるといいですね。

Portraits of an Animal Shelter

Portraits of an Animal Shelter / Facebook

Portraits of an Animal Shelter / Facebook

Portraits of an Animal Shelter / Facebook