トム・フォード監督第2作「美しきスリラー」の美しき予告編

写真拡大

2009年の『シングルマン』で華々しく映画監督デビューを果たしたデザイナーのトム・フォード。期待がかかる彼の7年ぶりの監督第2作『Nocturnal Animals』の予告編が届いた。

デザイナー、トム・フォードの『シングルマン』(2009年)は、監督デビュー作品として、近年公開された数々の映画のなかでも上々の評価を得た。

「トム・フォード監督第2作「美しきスリラー」の美しき予告編」の写真・リンク付きの記事はこちら

フォードは長い間ファッション業界で活躍し、グッチやイヴ・サンローランに従事してきた。それでも、彼の初監督作品(1960年代のカリフォルニアを舞台に同性愛者の大学教授を描く、スタイリッシュで耽美的な物語だ)で、主演のコリン・ファースがアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたり、1,000万ドル近い興行収入を得るほどの成功を収めるとは、ほとんどの人が想像もしなかっただろう。

だから、彼の第2作目には最初から大きな期待が寄せられている。『Nocturnal Animals』(夜行性の動物たち)の原作は、オースティン・ライトの1993年の小説『ミステリ原稿』だ。主人公は、ロサンゼルスでアートギャラリーのオーナーとして成功したスーザン(エイミー・アダムズ)。彼女のもとに、約20年ぶりに突然、元夫のエドワード(ジェイク・ギレンホール)から、2人の関係を描いた、しかしバイオレンスに満ちた小説が送られてくる。

「わたしは彼に恐ろしいことをしてしまった」とスーザンは言う。しかしそれが一体どんなことなのか、予告映像では明かされていない。予告編は、謎めき、全編を通して不安な雰囲気に包まれ、表現は美しく、不吉な砂漠の映像が挿入され、そしてたくさんの…シャワーだろうか? とにかく多くの水しぶきを見ることができる。こんなに清潔感のあるスリラー映画は、『シルクウッド』(1983年)以来かもしれない。

ほかの出演者はアーミー・ハマー、マイケル・シャノン、アイラ・フィッシャー、ローラ・リニー、そしてアーロン・テイラー=ジョンソン。『Nocturnal Animals』は、今年のヴェネチア国際映画祭で審査員大賞を勝ち取り、トロント国際映画祭では大きな拍手でむかえられた。

『Nocturnal Animals』がデビュー作を越えられるかどうかはわからない。11月18日、米国公開される本作を観て確かめてほしい。

RELATED