書きやすい!握りやすい!鉛筆みたいなシャープペン

写真拡大

鉛筆シャープってご存知ですか? 鉛筆シャープとは製図用などに用いられる芯ホルダーより細く、一般的なシャープペンシルより太い芯を使用するシャープペンシルのこと。芯が折れにくく、なめらかな書き心地が特徴で、学習やデッサンなど広く使用されています。

このたびコクヨから、ビジネスシーンに最適な「鉛筆シャープTypeS(タイプエス)」が新しく発売されることになりました。発売日は10月2日。価格は324円です。

[関連記事]レトロ&サイケがカワイイ!モレスキン×ビートルズのコラボノート!

 

■懐かしの六角形のグリップが握りやすい!

 

「鉛筆シャープTypeS」は、シリーズで初めて金属のペン先を採用した商品。振動を軽減して安定した書き心地を実現しました。パイプ収納式としたことで、先端が洋服などにひっかかることもないので安心です。

SED26045

また先端のグリップは六角形のラバータイプなので、滑りにくくしっかり握れます。

回して出し入れする便利なくり出し消しゴムがついているので、消しゴムを持ち歩く必要がないのもうれしいポイント。クリップもついているので、「鉛筆シャープTypeS」とノートだけ持ち歩けば、いつでもどこでも書いたり消したりできちゃいます。仕事のアイディアをメモするのに最適ですね。

SEE26141

芯の太さは0.7mm、0.9mm、1.3mmの3種類。カラーは0.7mmで青・黒・ピンク・白・黄緑、0.9mmで青・黒・ピンク、1.3mmで青・ピンクをラインナップ。気分や好みで選べます。

SEA26018

 

SEA26020

 

SEA26032

 

鉛筆シャープって便利そうだけど、どうもデザインが子どもっぽくて使いにくい…と思っていたアナタにぜひオススメしたい「鉛筆シャープTypeS(タイプエス)」。ビジネスシーンでスラスラっとなつかしい鉛筆の書き味を体験してみませんか?

コクヨ「鉛筆シャープTypeS」 >>
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/pencilsharp/types/

 

[関連記事]
レトロ&サイケがカワイイ!モレスキン×ビートルズのコラボノート!

MONOカラーはダテじゃない!極細MONOケシ付きシャープペン

このペンケース、机上ではペントレーに変身しちゃうんです

(文/&GP編集部)