『ハルタ 2016-AUGUST volume 37』(KADOKAWA)

写真拡大

 2016年8月12日(金)に発売された漫画誌『ハルタ 2016-AUGUST volume 37』の増刷が決定し、9月15日(木)より順次全国の書店に並んでいる。

 同誌は、「このマンガがすごい! 2016」オトコ編の1位となった『ダンジョン飯』や、2014年度「マンガ大賞」で大賞を受賞した『乙嫁語り』といった連載作品が掲載されている。もともとは、2008年10月14日に隔月刊誌として創刊した『Fellows!』が、2013年2月15日発売号より誌名変更した同誌。創刊当初はコミカライズはせず、新人作家を起用し、新人作家率62.5%をうたってスタートした。

 現在は『ヒナまつり』『A子さんの恋人』『ふしぎの国のバード』『不死の猟犬』など、ギャグあり、恋愛あり、歴史あり、アクションありの幅広いヒット作品の数々を掲載している。

<掲載作品>一部紹介
『昴とスーさん』高橋那津子(新連載)
『ダンジョン飯』九井諒子
『公安部特異人種課56』菊池まりこ
『北北西に雲と往け』入江亜季
『ストラヴァガンツァ〜異彩の姫〜』冨明仁
『時をかける大食い』二宮香乃(破天荒読切)
『マシュマロメリケンサック』浜田咲良(新連載)
『世界八番目の不思議』宇島葉
『ネコと鴎の王冠』中村哲也
『乙嫁語り』森薫
『真昼の百鬼夜行』比嘉史果
『ふうらい姉妹』長崎ライチ
『ハクメイとミコチ』樫木祐人
『燕のはさみ』松本水星
『ゲス、騎乗前』西公平
『碧いホルスの瞳-男装の女王の物語-』犬童千絵
『不死の猟犬』八十八良
『ヒナまつり』大武政夫

 今回異例の増刷に至ったのは、時間をかけて育ててきた作家陣の底力と、綴じ込み付録として人気の作家・入江亜季による『群青学舎』の名キスシーンをハガキにしたものや、九井諒子の『デイドリーム・アワー/九井諒子ラクガキ本』の力が大きかったようだ。