前戦の岡山Race2でポールを獲得した野尻

写真拡大

9月24日(土)〜25日(日)の2日間、宮城県柴田郡の「スポーツランドSUGOインターナショナルレーシングコース」にて、「2016年全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦 スポーツランドSUGO」が開催される。

【写真を見る】2011年のスーパーフォーミュラ参戦から6年目で嬉しい初優勝を飾った国本

全7戦で行われる、2016年全日本スーパーフォーミュラ選手権。今年は、全レースで勝者が異なるという波乱のシーズンで、前線にあたる岡山では、Race1では、来年F1チーム「マクラーレン・ホンダ」に移籍するストフェル・バンドーンが、シーズン参戦5戦目で初勝利。Race2では、参戦6年目にして国本雄資が見事初優勝を飾った。

また、チャンピオンシップ争いも、8.5ポイントの中に上位7名がひしめく大混戦。今回の第6戦は、チャンピオンシップ争いを占う上で、見逃すことができない一戦になることは間違いない。

SUGOの愛称で知られる第6戦の舞台は、自然の地形を活かしたスリリングでチャレンジングなコースレイアウトが特徴。1周の距離は短いものの、タイトコーナーが多く、また高低差があるテクニカルサーキットとして知られている。また、思いがけないドラマが起きることが多く「SUGOには魔物が棲む」とも言われている。

SUGOの魔物の餌食は誰か。そして女神は誰に微笑むのか。見所満載のスーパーフォーミュラ第6戦は必見だ!【東京ウォーカー】