画像提供:とし(@toshiaaaaaaaaa)さん

写真拡大

怖すぎると話題の滑り台で、あまりのスピードに着地の際吹っ飛んでしまう動画がTwitterに投稿され、凄い迫力だと注目を集めている。


話題の滑り台は、愛媛県今治市の「朝倉緑のふるさと公園」にある全長60メートル、傾斜27度のロング滑り台。急勾配でコースが長い上、縦に敷かれたパイプが摩擦を少なくしているため、かなりのスピードが出る模様。Twitterユーザーの“とし”さんは、この滑り台に挑み実況動画を撮影した。滑り台に乗った“とし”さんはスタート直後から急加速。最初のカーブを迎えるころには恐怖を感じるスピードに達し、「ヤバい」を連呼しながらカーブを猛スピード曲がっていく。最後は滑り台から投げ出されるように吹っ飛び、地面の上を数メートル滑って着地。「うぐわぁぁ」と言葉にならない叫びをあげた。


このチャレンジによって、“とし”さんは出血するなどの怪我をしてしまったそう。小さいころに滑ったことがあるという人からは、「子供ならそんなにスピード出てなかったですよ」との指摘もあり、あくまで子ども向けの滑り台の模様。体重のある大人がチャレンジするには注意が必要なようだ。