ポール・スミス スペースで“鉛筆”の写真展 - 隈研吾、坂本龍一、NIGOらの鉛筆の魅力に迫る

写真拡大

ポール・スミス(Paul Smith)の旗艦店3階にあるポール・スミス スペース ギャラリー(Paul Smith SPACE GALLERY)にて、写真展「THE SECRET LIFE OF THE PENCIL」を開催する。期間は2016年10月6日(木)から11月13日(日)まで。

本展は、インダストリアルデザイナーのアレックス・ハモンドとフォトグラファーのマイク・ティニーによるプロジェクトだ。彼らは、このプロジェクトの中で、非常にシンプルな筆記用具である“鉛筆”が、世界一流のアーティスト、建築家、作家、デザイナーらのデスクの上で、いかに彼らの仕事に寄り添い、変わることなく偉大な存在であり続けているかを伝えている。

2015年5月には、ロンドン・メイフェアのPaul Smith No.9 Albemarle Street Shopで開催。ポール・スミス、プロダクトデザイナーのトム・ディクソン、彫刻家のアニッシュ・カプーア、フォトグラファーのデヴィッド・ベイリーが実際に使用した鉛筆やその写真を展示した。日本開催にあたっては、新たに原研哉、谷尻誠、田名網敬一、隈研吾、鋤田正義、坂本龍一、NIGO、Klein Dytham architectureらを迎え、それぞれが使用した鉛筆の写真の展示・販売を行う。

圧倒的なディテールを表現した写真たちは、持ち主の特徴をそのまま映し出し、ひとつひとつの鉛筆の姿を見事に捉えている。

【開催概要】
THE SECRET LIFE OF THE PENCIL
会期:2016年10月6日(木)〜11月13日(日)
開館時間:月〜金 12:00〜20:00、土日祝 11:00〜20:00
会場:ポール・スミス スペース Paul Smith SPACE GALLERY
住所:東京都渋谷区神宮前5-46-14 3F
TEL: 03-5766-1788
定休日:水曜不定休


[写真付きで読む]ポール・スミス スペースで“鉛筆”の写真展 - 隈研吾、坂本龍一、NIGOらの鉛筆の魅力に迫る

外部サイト

  • 東京都写真美術館16年秋にリニューアル、愛称は「トップミュージアム」- 杉本博司の展覧会も開催
  • ポール・スミス展が京都・東京・名古屋で開催 - ストライプが生まれるアトリエも再現、創造の源に迫る
  • ポール・スミス、デヴィッド・ボウイへの哀悼の意を込めた展示を表参道&京都で開催 - 限定Tシャツも