余命わずかの愛犬が、飼い主の晴れの日を見届けた姿に感動

写真拡大

結婚式当日は、大切な家族や友人に囲まれて過ごしたい…そんな花嫁の夢を叶えた、ある愛犬の姿が話題になっています。

出会いは動物保護施設

ケリー・オコネルさんとラブラドール犬のチャーリー・ベアが出会ったのは、今から15年前。

生後12週間だったチャーリーは、ショッピングカートに置き去りにされていたところを保護されました。

動物シェルターに連れてこられたチャーリーは、そこで働いていた獣医学生のケリーさんと出会います。

当時ケリーさんは犬を飼うことは考えていませんでしたが、チャーリーに会った瞬間、何か深い絆のようなものを感じ、そのまま引き取ることを決心したそうです。

JenDz Photography

それから15年間、2人は良きパートナーとして暮らしてきました。

余命わずかと宣告

しかしこの春、チャーリーに脳腫瘍が見つかり、末期ガンであることが分かりました。

そのことを知ったケリーさんは、秋に予定されていた結婚式にチャーリーが参列することは難しいだろうと思っていたのですが…。

結婚式当日

ガン宣告から半年。

ケリーさんの懸命な看病もあり、9月1日の結婚式会場にはチャーリーの姿がありました。

JenDz Photography

JenDz Photography

結婚式の写真を撮影したカメラマン、Jen Dziuvenis氏は、当日のチャーリーの様子をこんなふうに語っています。

「彼は立派に大役を務めあげましたよ。最後の力を振り絞って、最愛の人の晴れの舞台を見届けようとしているのが強く伝わってきました。その健気な姿に胸が締め付けられて、シャッターを切りながら、私も涙が止まりませんでした。」

JenDz Photography

JenDz Photography

式が終わり、力尽きたチャーリーは自分の足で歩くことができなかったため、花嫁の妹のケイティさんが彼を抱きかかえて退場することに。

JenDz Photography

JenDz Photography

ガンと闘ってボロボロになりながら、自分のために参列してくれたチャーリーに、ケリーさんは式の間ずっと「よく頑張ったね、ありがとう」と語りかけていたそうです。

JenDz Photography

JenDz Photography

1週間後…

そして結婚式から1週間が過ぎた頃。

9月9日、チャーリーは天に召されました。

最後は温かな暖炉の前で、大好きなケリーさんと家族に見守られながら、安らかに息を引き取ったそうです。

その後ケリーさんの同意をもとに、カメラマンのDziuvenis氏がFacebookで結婚式の写真を公開すると、多くのコメントが殺到。

・涙が止まらない…
・互いを想う心が写真から溢れているね
・切ないけれど、本当に美しい写真だ

涙なしでは語れない、ケリーさんとチャーリーの感動ストーリーはこちらから。

JenDz Photography(Facebook)
https://www.facebook.com/jendzphotography/posts/1255318931200840