リオデジャネイロパラリンピック、ウィルチェアーラグビー3位決定戦。

 試合終了のブザーが鳴り響くと、エースの池崎大輔が、ボールを天井に向けて高々と叩き上げた。キャプテンの池透暢(ゆきのぶ)が猛スピードで池崎に駆け寄る。2人は抱き合ったが池の勢いに押され、池崎は車イスごと転倒した。起き上がった池崎はトレードマークの眼鏡を外し、涙をぬぐった。

 池が全員に集合をかける。選手12名、さらにコーチ、スタッフ8名。カリオカアリーナに20人の大きな輪ができた。互いの健闘を称え合い、喜びを分かち合い、輪を解くと観客席に向かって拳を突き上げ、大きく手を振り、深々と頭を下げた。日本はリオデジャネイロパラリンピックで悲願のメダルを獲得した。

 2004年アテネ大会からスタートしたウィルチェアーラグビー。アテネ8位、北京7位、ロンドン4位と日本は着実に順位を上げてきた。そして、2015年11月に行なわれたアジア・オセアニアチャンピオンシップでは、ロンドン大会金メダル獲得、前年の世界選手権優勝の強豪オーストラリアを撃破。今年5月のジャパンパラ競技大会ではアメリカに2連勝し、6月のカナダカップでは当時、世界ランキング1位のカナダを倒した。

 日本をはじめ、オーストラリア、アメリカ、カナダ、イギリスの5カ国の実力が拮抗するなか、選手たちはみな「自分たちにとってリオでのメダル獲得は"目標"から"使命"に変わった」と語るようになった。

 そして、リオに向けて出発する日、「ロンドンの悔しさをバネに4年間やってきた。今までの自分と違うところを見せる」とエース池崎は誓い、池は「自分たちのパフォーマンスで"魅せるウィルチェアーラグビー"ができたら、その先に金メダルがついてくる」と自信を示した。

 日本はスウェーデンとの初戦、池、池崎、乗松聖矢、岸光太郎のセカンドラインが先発。池・池コンビが力の差を見せつけ、最年少・26歳の乗松が攻守に活躍した。第1ピリオド14−8とリードを奪うと、その後は目まぐるしくメンバーチェンジ。池、池崎、若山英史、今井友明のファーストラインだけでなく、バリエーションの豊富さで勝負し、50−46で勝つ。それでも、キャプテン池は第3ピリオドで1ポイント、第4ピリオドで2ポイント、相手に多く得点されたことを「コミュニケーション不足」と反省した。

『試合で見つかった課題を次の試合までにしっかり修正する』

 日本史上最強と評されるチームの強さの源はその対応力にある。そのことを証明してみせたのが、フランスとの予選第2戦だった。池、池崎に加えてベテラン島川慎一が得点を重ねる一方、比較的障害の軽い仲里進が敵ボールを奪い、障がいの重いローポインター若山、今井、岸らが壁となって相手の攻撃を阻み、味方のコースを創出。チーム一丸となってフランスを翻弄し続け、57−52で圧勝。準決勝進出を決めた。

 金メダルに向かって進撃する日本。だが、その前に立ちふさがったのは、直近の世界ランキングで1位に躍り出たアメリカだった。4年前のロンドン大会の3位決定戦で敗れた相手に、日本は第1ピリオドを15―14でリードしたが、その後はアメリカも頻繁にメンバー交代をして日本の対応をかわし、同点のまま延長戦へ。一進一退の攻防が続くなか、猛烈なタックルでチームを鼓舞してきた池崎がまさかのミス。ボールをこぼしリードを奪われると、そのまま逃げ切れられた。

 優勝候補アメリカに無念の1点差負け。それでも、日本チームの闘志は消えなかった。

「最後まで粘ることができたので、手応えはある。このあと、一段ずつしっかり上っていき、決勝戦でもう一度アメリカと戦って勝つ」とキャプテン池が執念を見せれば、荻野晃一ヘッドコーチ(HC)も「今日の試合は紙一重。最後まで粘り強く、あきらめるな。出しきろう!」と選手たちを激励した。

 予選Bグループ2位の日本は、Aグループ1位のオーストラリアと準決勝で対戦した。27歳ながらリオがパラリンピック4度目の出場となる、オーストラリアのエース、ウイリー・バット。日本はこの選手をローポインターが取り囲み、さらには池、池崎もマークに入ったが、その隙をクリス・ボンドに破られ、前半で5ポイントのリードを許す。第3ピリオドは、全員が必死に戦い16−16。そして迎えた第4ピリオド、日本は何度もチャンスをつくりかけるが、相手の強烈なプレッシャーを受け、ディフェンスファウル、ペナルティを繰り返し、13−14。トータルでターンオーバーを14回も奪われてしまい、57−63でオーストラリアに敗れた日本は、アメリカへの再挑戦は叶わなかった。

「自分たちにはメダルを見せたい人がいる」

 3位決定戦に回った日本チームを動かしたのは、池の言葉に代表されるメダルへの執念だった。対するカナダは、ウィルチェアーラグビー発祥国にして、過去3大会すべてでメダルを獲得している強敵だ。

 日本は池、池崎、若山、今井のファーストラインが力を発揮し、序盤から流れをつかむと、若山、今井が抜群のスピードとロングパスを誇る22歳、若きエースのザック・マデルをブロック。苦し紛れにほかの選手へパスしたボールに池、池崎が反応し、ターンオーバーを奪う作戦が的中した。一時は5ポイント差に広げたリードを第3ピリオドには2ポイント差まで詰め寄られるが、最後までオフェンスの精度は乱れず。ウィルチェアーラグビーで重要なタイムマネージメントもしっかり行なわれ、52−50で銅メダルに輝いた。

 パラリンピックイヤーに入ってから急成長を遂げ、代表入りを果たした乗松は、「オーストラリア戦は悔しい敗戦。力を出し切れば勝てたと思う。それでも、自分たちがやってきたことに間違いはなかった。銅メダルにはまだ上がある。明日から4年間、東京で金メダルが獲れるようにがんばる」とコメント。

 池は「オーストラリア戦の後、明日までに戦える自分たちをつくろうと立て直せたのが銅メダルにつながりました。リオでたくさん成長させてもらいまいた」。

 そして、荻野HCは「日本初のメダリストになろう、歴史を変えようとやってきた。僕が選んだメンバーは最高、すごくいい選手です」と満面の笑顔。

 最後に、獅子奮迅の活躍を見せた池崎が喜びとともに、4年後に向けての決意を語った。

「求めてきた金メダルではなく、悔しい。でも、この4年間で積み上げてきた手応えは感じています。強いチームをつくって、パラリンピック、ウィルチェアーラグビーに歴史を刻むことができたのは光栄です。たくさんの人たちに支えられ、メダルという形でやっと恩返しができました。

 今日もすごい応援をいただき、ジャパンチームのホームのようでした。プレーに集中でき、自分たちの力以上のものを発揮できたと思います。本当にみなさんと一緒に戦った結果です。感謝しています。ハンデがあってもスポーツはできる。自分の可能性を信じてがんばれば、世界に挑戦できるということを伝えられたかなと思います。僕たちはまだやっと一歩踏み出したところ。4年に一度の最高の舞台で、結果がほしい。歴史をつくれたこのメンバーで、4年後さらに上を目指します」

 アテネ大会を皮切りに、着実にステップアップしてきた日本ウィルチェアーラグビーは、東京でどこまで到達できるだろうか。

宮崎俊哉●文 text by Miyazaki Toshiya