資料写真

写真拡大

(台北 20日 中央社)北東の風が強まり、20日は北部を中心にひんやりとした朝を迎えた。中央気象局によると、日中は桃園以北や東部で雨の降りやすい天気となり、最高気温も各地で30度以下となる見込み。秋の訪れを感じられそうだ。

中南部では穏やかな天気となり、予想最高気温は31度前後。午後には一部地域でにわか雨の恐れがある。また、今夜から明朝は北部で雨のぱらつく恐れがあるものの、その他の地域では穏やかな天気が続き、予想最低気温は25度前後と、寝苦しさから解放されそうだ。

中部以北と南東部、恒春半島沿海や離島などでは強風に注意が必要。台風16号の影響で北部、東部、恒春半島、馬祖、蘭嶼、緑島では高波の恐れがあり、中央気象局では警戒を呼びかけている。

(編集:齊藤啓介)