Twitter、140文字制限の緩和策導入開始。画像や動画リンク、投票などが対象、5月に発表済みの仕様変更

写真拡大

 
Twitterが、ツイート中の画像や動画へのリンク、ハッシュタグ、さらに返信ツイートの冒頭に記述する@つきのユーザー名などを140文字の字数制限から除外したことを正式に発表しました。この変更は5月にTwitterが発表していたものですが、約4ヵ月を経ての導入開始です。Twitterによると、140文字制限から除外されるのは写真や動画(ライブ含む)、GIF、投票、引用ツイートで、返信ツイートの冒頭に記述する@つきユーザー名も除外対象となります。これで、140文字をより有効に使えることになるはずです。
なお、Twitterはこの変更をロールアウト方式で導入するとしていることから、一度に全ユーザーが利用可能になるわけではありません。おそらくは徐々に利用可能ユーザーを拡大し、数週間で全ユーザーに行き渡らせることになるはずです。1日に何百ツイートもしてしまうヘビーユーザーも、数ヵ月に1度ツイートするぐらいのライトユーザーも、慌てずその時が来るのをお待ちください。