いまが植え頃。#エッグシェルガーデン でハーブを育てる

写真拡大

ひと雨ごとに涼しさが増し、秋らしくなってきました。春と同様に、秋もハーブの植え頃です。はじめて挑戦する人も、真夏の暑さでハーブを枯らしてしまった人にもおすすめなのが、エコで、かわいいくて、手軽にできる「エッグシェルガーデン」。

卵の殻をポットに好きなハーブを
作り方はいたって簡単。卵の殻とその容器を鉢植え代わりにしてしまうのです。旬のパクチーをはじめ、カモミール、ローズマリー、ルッコラなど、秋から植えられる好きなハーブの種を選び、あとは土を用意するだけ。卵の殻が栄養分にもなりすぐに芽を出します。
エッグシェルガーデンの作り方

1.卵の上部分をスプーンで穴をあける。中身を使ったらよく洗っておく。
2.殻をカートン(卵が売られていた容器)の上に乗せる。
3.スプーン大さじ1杯ずつ土を入れていく。
4.種をのせスプーン1杯分の土をかぶせる。
5.スプレーで水をたっぷりかける。
6.陽あたりの良い場所に置き2週間ほど水を与える。
(「Babble」より翻訳引用)

パーティやおしゃれなインテリアとして活用

by Maritza Garciaさん(@knotjustpaper)が投稿した写真 - 2015 4月 28 7:40午後 PDT

la_muranoさん(@muranofarms)が投稿した写真 - 2014 2月 26 7:34午前 PST

庭や窓辺にそっと置いておくだけでも絵になるエッグシェルガーデン。動画のように、パーティやアウトドアではそのまま鉢植えされたカートンごとテーブルにならべ、フレッシュなハーブをお料理と共につまむのもいいかもしれません。また、ハーブ以外にも花を植えたり、卵の殻に色やイラストを描いたり。オリジナルエッグシェルポットを作るのも。
ちいさなグリーンは秋からの生活に彩りを添えてくれそうです。
[Babble]
photo by Thinkstock/Getty Images
あわせて読みたい
・マンションの片隅でハーブを育てる5つのコツ
・顔のタイプでシミのリスクに15歳も差があった!?(Sponsored)
・楽しく走ると心も体もポジティブになれる(Sponsored)
・「笑ったつもり」に要注意。笑顔の美しい人になるには(Sponsored)

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。