毎日起こる出来事をSNSで更新する楽しみ。思い出を共有したり、最近こんなことあったの〜と連絡をとり合うツールとしても活用できて便利ですよね。でもなかには「アラサーなのに、痛々しい」と思われちゃう恥ずかしい投稿も!?
今回は「あいたたた〜」と思わずにいられない痛い投稿について、意見をきいてみました。

やりがち!? まわりから「痛い」と思われるSNS投稿6つ

1. 修正しすぎな「自撮り写真」

ダントツで「痛い」という意見が多かったのは「修正した自撮り画像」でした。友だちと一緒に撮った思い出の写真ならわかるけど、自分の写真だけを加工アプリで盛って投稿するのはちょっと……と引かれちゃうので注意を!

・ 「顔の加工がもろわかる自撮りを『すっぴんでごめんね』とか投稿する女性。いい年して恥ずかしいです」(29歳/男性/会社員)

・ 「年齢関係なく、かわいく盛りすぎた自撮り写真は女性受け悪いですよね」(26歳/女性/営業職)

・ 「会社の先輩のSNSが自撮りばっかりで。しかも同じキメ角度(笑)、憧れの気持ちが一気に冷めた」(27歳/男性/美容師)

修正アプリで美人に仕上げた写真を投稿したくなっちゃうもの? ですが、大人女子として公開しないという選択もぜひ。

2. いちゃつき「ラブラブ写真」

彼との幸せを自慢したい気持ちはわかりますが、あまりにベタベタした写真はノーサンキューと思われていますよ!

・ 「アラサーの先輩が彼とのラブラブ写真を投稿。いつもはクールなのに、ほっぺにチュッとしている姿を見てドン引きした」(25歳/女性/ネイリスト)

・ 「彼と仲がいいのはいいことですが、なにもいちゃついた写真をSNSにアップしなくても。痛々しいです」(29歳/男性/自営業)

・ 「学生さんならかわいいね、って思うけど。もう若くないんだから〜って」(31歳/女性/アパレル勤務)

見ている人が恥ずかしくなるようなツーショットは避けたほうがいいかもしれません。

3. 高価なもの自慢「セレブ気どり写真」感

たまには自分のご褒美で高価なレストランに行ったりするの、楽しいですよね。そんなときはSNSで自慢したくなっちゃうけれど、まわりからは「セレブ気どり」と思われちゃう!?

・ 「高価なレストラン、ホテル、旅行先などセレブ気どりの写真ばかりのSNSは、好感度さがります」(29歳/男性/飲食店勤務)

・「いつも高いものばかりを投稿している同僚Yちゃん。無理にセレブっぽく見せようとしていて痛いな〜って思う」(31歳/女性/通信会社勤務)

高価なものってうれしくて投稿したくなるけれど、まわりからは「自慢しすぎ」と痛い目で見られてしまうようで……気をつけましょう。

4. 大人げない「グチ話」

今日はいやなことがあった、そんなときSNSでグチったりしていませんか? 目にした人は「うわ、大人げない」と引いちゃいますよ!

・ 「きらいな人のグチ、会社のグチなど文句をツイートするアラサーは、痛い」(28歳/男性/メーカー勤務)

・ 「普段、ニコニコしているのにSNSでは文句が多いM美。見る目が変わった」(31歳/女性/美容師)

悪口や不満をつぶやいてストレス解消のツールにしている、そんな行動に「いい大人がなにしてんの?」と感じるという声も多数。

5. 絡みづらい「ネガティブネタ」

ネガティブな投稿は「いいね」じゃ失礼だし、コメントしにくいもの。マイナスな発言ばかりだと痛々しい「かまってアラサーちゃん」になってしまいます!

・ 「病んでいることをアピールしてくる人。からみづらいわ!」(32歳/男性/アパレル勤務)

・ 「ネガティブな発言ばかりしているS子。『大丈夫、今はツラいけど』『泣いてばかり』とか、完全にかまってほしい痛い人です」(28歳/女性/化粧品会社勤務)

つらいとき、誰かにかまって欲しくてもSNSで気を紛らわそうとするのは「痛い大人」の証拠?

6. ギャルか! 若者用語を多用

流行っているSNS用語って使ってみたくなりますが、アラサーが「ぁたし」「ワロタ」とか多用すると「若く見せようとして必死」な痛い人に!?

・ 「仕事バリバリできる先輩がLINEで『ぁたし』『〜なう』みたいな用語を使っていて引いた」(28歳/女性/公務員)

・ 「『マヂで?』みたいなギャル用語を使ってくるアラサー女性はちょっと」(31歳/男性/自営業)

・ 「了解を『りょ』と入れてきた先輩、ちょっと痛い気がした」(24歳/女性/アパレル勤務)

楽しいSNSですが、アラサー世代はそれなりに「大人の対応」も必要。SNSで自慢しすぎたり、はしゃいだだけで「痛い」と思われることもあるようなので、投稿前に一度冷静になってみることが大切かもしれませんね!