ストフとスニュウのデザイナーが新デザインプロジェクト始動 第1弾はカップ&ボウル

写真拡大

 「ストフ(STOF)」のデザイナー谷田浩と「スニュウ(sneeuw)」のデザイナー雪浦聖子によるデザインプロジェクト「ウォルタナティフ(Walternatief)」が始動した。第1弾はスタッキングできるカップとボウルを展開。ウェブサイトで販売をスタートし、実店舗での取り扱いは10月頃を予定している。 STOF&sneeuwデザイナーがタッグの画像を拡大

 「ウォルタナティフ」は「water」と「alternatief」の造語で、水のように誰にとっても必要な存在となることを目指す。決まった形にとらわれず、谷田浩と雪浦聖子の発想を元にしたプロダクトを展開していくという。 第1弾のプロダクトとなったカップとボウルは、積み木のようにスタッキングできるデザインが特徴。電子レンジの使用が可能な耐熱ガラスと北海道産の軽量な栓という木材を組み合わせ、シンプルでありながらもスタッキングすることで毎日の食卓や食器棚が楽しくなるように意識したという。価格帯はカップが2,300円〜2,700円で、ボウルが3,000円〜5,500円(いずれも税別)。■Walternatief Web Shop