20日、中国の元卓球女王、王楠氏と夫で不動産王の郭斌氏がネット上に反日的なコメントを投稿し物議を醸している。写真は郭氏の書き込みに対する王氏の投稿。

写真拡大

2016年9月20日、中国の元卓球女王、王楠(ワン・ナン)氏と夫で不動産王の郭斌(グオ・ビン)氏がネット上に反日的なコメントを投稿し物議を醸している。

満州事変の発端となった柳条湖事件から85年の18日、郭氏は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で「国辱を忘れてはならない」と呼び掛け、「日本へ行ったことがあるが、日本製のものは家電を含めて何も使ったことはない。日本のホテルでは水道を出しっ放しにしてやった。ただ、意味はない。われわれはもっと努力する必要がある」などと投稿した。

ところが、ネットの転載や騒動をいち早く報じた中国メディアは「ただ、意味はない」の部分を省き、水道を出しっ放しにした部分のみに注目した。郭氏はその後問題の書き込みを削除し、「過去の幼稚な行為を語っただけ」と説明したが、郭氏への批判は収まっていない。

同騒動に対して環球時報は、「国辱を忘れてはいけないと呼び掛けることは理解できるが、過去の幼稚な行為を提唱するようなやり方は良くない。また、メディアも一部を切り取ったような報じ方は適切ではない」と批判した。環球時報の調査によると、日本のホテルで水道を出しっ放しにした行為に対し大多数の人が恥ずべき行為と回答している。

ネットでは、「水道の出しっ放しは生ぬるい、もっと過激でもいい」「口だけでなく、日本製品のボイコットをすべきだ」と日本のホテルで水道を出しっ放しにした行為を支持する声や反日的な声も見られたが、「こんな幼稚な行為に意味はあるの?日本人に笑われるだけ。反日したいなら日本に行くべきではない」「日本に行ってまで恥をさらしてほしくはない」と郭氏のかつての行為やそれを支持する声を批判する意見も寄せられ、全体的にはマナー違反な行為を批判する声が多かった。(翻訳・編集/内山)