iPhone7/7Plusに好適なLightningイヤホン サンワサプライの「400-HPL001SV」

写真拡大 (全2枚)

 iPhone7/7Plusの発表で話題になったのがイヤホン出力端子の廃止。充電などにも使うLightning出力がその役割を果たすようになり、従来のイヤホンは同梱のアダプターケーブルを使ってつながなければいけなくなった。このLightningにダイレクトに接続して音楽などを楽しめるようにしたのが、最近、いくつかのメーカーから登場しているLightningイヤホンだ。

 PC周辺機器のサンワサプライ(岡山)もLightningイヤホン400-HPL001SVを発売した。オープン価格、直販サイトでは6,480円(税込み)で販売。もちろんアップルが認定するMFiライセンスを取得済み。Lightningからのデジタル出力をアナログ信号に変換するDAC(DAコンバーター)を内蔵し、ノイズの影響などを抑えたクリアなサウンドを十分に楽しめる耳栓タイプのカナル型デザインで、ドライバーは9mm口径ドライバーを使う。ボディーは共振、共鳴が少なく、剛性が高いアルミを採用。絡みにくいフラットタイプのケーブルは、導体により高品位に信号を送れるとされるOFC(無酸素銅)が使われている。音楽再生の操作ができる3ボタン・リモコンも装備。