(写真は、「NA‐VX9700L‐W」)

パナソニックは、独自の温度コントロール技術による「温水泡洗浄」機能で、衣類についた皮脂汚れだけでなくニオイ原因菌も除去し、気になるニオイを落とす「約40℃においスッキリコース」を新たに搭載した「ななめドラム洗濯乾燥機 NA‐VX9700L」ほか4機種を、2016年9月26日に発売する。

好評の「温水泡洗浄」機能に「約40℃においスッキリコース」(容量は2キログラムまで)を新たに搭載し、「洗剤投入量おまかせコース」の約2倍の洗剤投入と約40度の温水洗浄を2回繰り返すことで、衣類についた皮脂汚れやニオイ原因菌を除去してニオイをすっきり落とす。それにより、部屋干しなどによるニオイの発生も抑える。また、約40度の温水を使うため、黄ばみを防ぐとともに、白物だけでなく色柄物も洗浄できる。

さらに、近年増加する寝具のアレル物質除去ニーズに対応した「ダニバスターコース」(容量は3キログラムまで)も新たに搭載。洗浄前に約65度の温風(プレ乾燥)で生きたダニを高温加熱し、その後の洗浄でダニの死がいやフンなどのアレル物質を洗い流し、99%以上除去する。槽洗浄では好評の「約30℃槽洗浄コース」を進化させて、水量やドラムの回転数を見直した高水位温水洗浄で洗浄時間を従来機種より約47%短縮した。

新たに、立体的なリフトアップホイールを開発。従来の上下の動きだけでなく前後の動きを加えることで衣類を混ぜ、大容量でも洗いムラを低減する。ドラム槽の形状を変えたことで洗濯容量11キログラムを実現した。

洗濯時間(おまかせコース)の目安は32分、洗濯乾燥時は98分。

色は、「NA‐VX9700L/R」がクリスタルホワイト。「NA‐VX 8700L/R」がクリスタルホワイトとノーブルシャンパン。

オープン価格。