写真提供:マイナビニュース

写真拡大

楽天と楽天グループの楽天インシュアランスプランニングは9月20日、楽天会員を対象にした新たな保険サービス「楽天超かんたん保険」の販売を楽天インシュアランス楽天市場店で開始した。

「楽天超かんたん保険」は、団体保険制度を利用した楽天会員限定の新たな保険サービスで、楽天を団体保険契約者とし、楽天会員を被保険者とする傷害保険。楽天会員であれば楽天市場での買い物と同様の手順で、簡単に保険に加入できる。また、団体保険制度を活用してニーズの高い補償のみを厳選してプラン化することで、ユーザーは最低月額140円(日常賠責プラン・節約コース・本人型・月払いの場合)からという低コストで、保険を選択して加入することが可能とのこと。

販売は楽天インシュアランスが楽天市場にて行う。引受保険会社は、三井住友海上火災保険、東京海上日動火災保険、損害保険ジャパン日本興亜、AIU損害保険など。ECモールにおける保険商品の販売は、日本国内において初の取り組みとなるという。

当初は、自転車、ゴルファー、パパママ、ハイキング、スポーツ、女性、持ち物サポート、日常賠責、家事代行の、楽天市場と親和性の高い9プランによる計102商品の取り扱いから開始する。また今後は、補償内容はもちろん付帯サービスまで含め、ユーザーの要望にきめ細かく対応した保険商品を独自に開発し、商品ラインアップを拡充していくという。