TGS注目のタイトル「仁王」【TGS2016】

写真拡大 (全7枚)

東京ゲームショウ2016で注目を集めていたタイトルの1つに、コーエーテクモゲームスから2017年2月9日に発売される予定のPlayStation 4タイトル「仁王」が挙げられる。

仁王のストーリーは、戦国時代に日本にやってきた異国人ウィリアムがサムライへと成長していくというもの。アクションRPGだが、いわゆる「死にゲー」で、敵は圧倒的に強く、うまく戦っていかないとすぐに死んでしまう。強い敵とどんどん戦っていく中でキャラクターのパラメーターを上げつつゲームを進めてしていくことになる、かなり歯ごたえのあるゲームとなっている。

こうしたゲームについては、フロム・ソフトウェアの「DARK SOULS」シリーズなどのように一定のコアなファンがあり、このテイストのゲームが好きな人にはたまらない魅力を放ったゲームだろう。実際、コーエーテクモゲームスブースに、仁王を試遊するために集まっていた来場者も多かったうえ、これから発売されるタイトルのうち、ユーザーからの期待尾集めている東京ゲームショウ2016の「フューチャー部門」も受賞するなど、ファンが待ち望んでいるタイトルであると言える。

来年の発売日が待ち遠しいタイトルだ。






■東京ゲームショウ2016

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・東京ゲームショウ2016は過去最高の27万1,224人を記録【TGS2016】
・東北の未来につなげる年賀状を作ろう。「チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト」を開催
・20周年を迎える「東京ゲームショウ2016」が開幕
・モンスターエナジーが「ストリートファイターV - Evil Geniuses 勝ち抜きバトル」を開催
・「人工知能演奏システム」でリヒテルの演奏が蘇る。ベルリンフィルメンバーとの息のあった共演を披露
・東京ゲームショウ2016は過去最高の27万1,224人を記録【TGS2016】