“新しい夫婦のカタチ”とは…(※イメージ)

写真拡大

 熟年離婚などの言葉が定着するように、長い夫婦生活のなかでひずみは生じるもの。そうしたなかで、あえて離れて暮らす“卒婚”や夫婦関係の“リフォーム”を行う人たちがいる。どちらも互いの自由を尊重するライフスタイルだ。その“新しい夫婦のカタチ”とは。

 首都圏でネットショップの運営会社を経営する加納みどりさん(仮名・59歳)は結婚30年目を迎えた今年4月、“自然の流れ”で卒婚した。

 夫で地方公務員の良一さん(仮名・60歳)が、街づくりを担当していたキャリアを買われ、東日本大震災の復興支援業務のスタッフとして東北の被災地で働くことになったのが、きっかけとなった。

「これまでの生活ががらりと変わったことは確かですね」とみどりさん。

 子供のいない二人だけの夫婦生活だった。経営者として多忙なみどりさんに代わって、良一さんが食料品や日用品をこまめに購入していた。結婚に大反対していたみどりさんの両親は、7年前に相次いで亡くなったが、良一さんはその両親を引き取り、3年間も介護してくれた。

「今は、トイレットペーパーを始め、Amazonで買っています。掃除も洗濯も、これまで夫にやってもらっていましたが、全部自分でやっています」

 離れて暮らしてみると、相手の良さが「悔しいほど」わかるようになったという。

「夫が赴任してから、LINEやスカイプで連絡をとろうとしましたが、現地はネット環境が悪くて。そこで毎朝7時に夫が電話をしてくれます。誕生日も結婚記念日も、親の命日も忘れる私なのに、彼はちゃんと覚えている。ちょっとしたことですが、とてもありがたく感じます」

 別れた暮らしは、体調を見直すきっかけにも。良一さんは、三陸の魚介類や野菜を毎日食するうちに、健康診断で懸念していたような病気の兆候は消えた。朝、昼、晩の食事の写真をメールで送ってくるそうだ。みどりさんもかねて挑戦したかったダイエットがうまくいき、4カ月で5キロ痩せ、高血圧気味だったが、正常値に戻った。

 会えるのは年5回ほど。人前でもかまわず大げんかをしていた姿は、ない。みどりさんは30年にわたる夫婦の積み重ねが支えであることを認め、“自然卒婚”の成功を次のように語る。

「子供はいないし、どちらも両親が亡くなりました。お互いに帰る故郷がないから、離れていても二人で助け合って生きようと思うのでしょう」

 残念ながら取材を断られた夫婦もいたが、いずれも卒婚のデメリットが表面化している状況だ。一組は、卒婚をしてみたら居心地が良く、再会したら「老後の生き方の価値観が違う」と悟り、離婚を考えるようになった50代夫婦。「別れたい。けれど、年をとってひとりになった将来が不安」と揺れている。もう一組は60代夫婦。卒婚を宣言して別居してみたが、生活費など経済的な負担が身に染みた。

 中高年になるほど、これまで築いてきた過去を否定したり、捨てたりすることが難しいようにも思える。高齢の域に突入しながら、夫婦関係を見直したい場合、『卒婚のススメ』で杉山さんが提案するように、介護を視野に入れた老親との関係、経済的な自立、子供とのつきあい方など、じっくり考え、準備する必要があるようだ。

 一方、卒婚を選択せずに、たとえば定年して子育てを終え、二人で過ごす時間が増えたときに、ともに旅行やボランティアを楽しみ、ステレオタイプになりがちな夫婦関係を「リフォーム」する場合もある。また、新居を設けることで、夫婦の在り方を見直すことだってある。

 大人ライフプロデューサーのくどうみやこさん(49歳)は、結婚15年目の節目となる3年前、一つ年下の夫と神奈川県の湘南地方に家を購入した。

「亡き著名作家の敷地内の半分を、さらに3分割した土地が売り出されていて、一目で気に入りました」

 注文住宅の担当者との相談で子供部屋を提案され、「うちは夫婦二人きりだから」と口にしたことで、「子供がいない人生」を自覚。「男女の役割がある夫婦関係から解き放たれた感じがした」という。

 結婚を機に会社を辞めたくどうさんだが、パソコン教室に通い、サイトを立ち上げ発信。次第にトレンドウォッチャーとしての仕事が増えていく。子供がほしかったが、不妊治療をせずに自然の摂理に任せた。

 メーカー勤務の夫は、正月も盆も出勤する“仕事一筋”。子供のことが話題にならなくなって久しくなったころ、おのずと転居先を探し始めた。

「仕事が深夜に及ぶこともありますので、早朝から出勤する夫のために、夜のうちにお弁当を作り置きしておきます。夜遅く帰宅する日が続くと、すれ違いで何日か顔を合わせないこともあります」

 決して仲が悪いわけではない。時間差生活は、まるでおひとり様同士が合宿生活をしているような形になったくどうさん夫婦。

 コミュニケーションのツールのひとつが、手書きのメモ。「チンして温めて食べてね」。飼い犬のポメラニアンが気になると、「昨夜ぐったりしていたようだけど、今朝は元気ですか」と記してみる。すると夫から「元気になったよ!」と返事のメモ。

 引っ越したことで、休日があれば、午前中は犬を連れて近くの海を散歩し、海が一望できるカフェでモーニングを楽しむようになった。ゆったりとした時間の流れに浸り、“夫婦”としての信頼関係を確認しているのかもしれない。(作家・夏目かをる)

週刊朝日  2016年9月23日号より抜粋