「007」新作の監督候補筆頭にガイ・リッチー

写真拡大

ガイ・リッチー監督が「007」新作の監督候補に挙がっているようだ。リッチー監督は、サム・メンデス監督から同人気シリーズのメガホンを引き継ぐべく、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンと話し合いを行う予定になっているのだという。

ある関係者は英紙ミラーに、次のように語っている。

「ガイは現在、監督の筆頭候補です。彼はマイケルと今週、仕事内容の詳細や映画作品に対する考え方に賛同できるかどうかのミーティングを行う予定です」
「25作目となる『007』の監督としてガイは真剣に検討されているようで、ロサンゼルスまで話し合いに行くことで話がもっと進むかもしれません。ガイはサムのような芸術的才能はありませんが、ペースが速く大胆な作風を得意としていて、自分の作品のことをよくわかっている監督です」
「それにガイは常に落ち着いていて、大きな予算を上手にやりくりできる人です」

今年5月、「007 スカイフォール」「007 スペクター」の監督を務めてきたメンデス監督は新たな作品作りにチャレンジしたいという理由から、次回作のメガホンは取らない意向を明らかにしていた。