アクションカメラ市場を大きく広げたGoPro。そのGoProがとうとうドローン市場に参入することになりました。以前より同社がチラ見せしていた新型ドローン「Karma」の正式発表です!
 
Karmaは4つのプロペラを搭載したクアドロコプターですが、その特徴はアームや着陸脚を折りたたんでコンパクトに収納できる設計になっていることです。これにより、バックパックの中に入れてのアウトドアでの利用がさらに便利になりますね!
 

 
また、本体前部にはアクションカメラのHero 4やHero 5が搭載可能。カメラは3軸のスタビライザーに固定され、安定した映像の撮影を可能にします。このスタビライザーは「Karma Grip」というグリップに付け替えることで、手持ちのギンバルとしても利用できるんです。
 
Karmaの最高飛行速度は時速35マイル(約51km/h)で、1km先からでも無線操縦が可能です。最高飛行高度は4.5kmとかなり高め。また内蔵された5,100mAhバッテリーにより、約20分間飛行することができます。
 
さらにタッチスクリーン搭載のリモコンも登場。こちらでは720p解像度のスクリーンでドローンによる空撮映像を視聴したり、またカメラのオンオフや首振り(パン/チルト)を変更することも可能です。さらに、リリース予定のスマートフォン向けアプリで友人が空撮映像を楽しんだり、ドローンを操縦することもできます。
 


 
Karmaの予約開始日は10月23日で、価格はカメラなしモデルが799.99ドル(約8万2000円)、Hero5 Black付属モデルが1,099.99ドル(約11万2000円)、Hero5 Sessions付属モデルが999.99ドル(約10万2000円)となっています。
 
アクションカメラ分野で強みをもつGoProがいよいよドローン業界に参入しました! 以前より公開されていた動画からも、スタビライザーを利用した安定感のある空撮が期待できそうです。今後、GoProがドローン最大手のDJIや老舗のParrotとどのように競合していくのか注目ですよ!
 
Image Credit: GoPro
■GoPro’s flat-folding Karma drone arrives in the skies
http://newatlas.com/gopro-karma-drone/45498/?utm_source=rss&utm_medium=rss