六本木・国立新美術館で「DOMANI・明日展」開催。若手芸術家のパワー溢れる作品を鑑賞のキャッチ画像

写真拡大

東京・六本木の国立新美術館の企画展示室で、新進芸術家在外研修制度の成果を発表する展覧会「未来を担う美術家たち 19th DOMANI・明日展 文化庁新進芸術家海外研修制度の成果」が開催されます。日程は2016年12月10日(土)から2017年2月5日(日)まで。19回目を迎える今展は「re_consider Japan」をテーマに、未来を担う若手アーティストたちの多様性に富んだ作品の数々が展示されます。

「DOMANI(ドマーニ)・明日展」とは?

「DOMANI・明日展」は文化庁によって行われています。若手芸術家たちが海外の大学や芸術関係機関などで行う研修を支援する、「新進芸術家海外研修制度」の成果発表の場として、1998年にスタートした大規模なグループ展です。例年、絵画や彫刻、版画、染色、モザイク、アニメーション、映像、インスタレーションなど、将来の日本の芸術界を支える新進気鋭芸術家たちのパワーに溢れる作品が集まり、多くのアートファンの注目を集めています。

今回の展示会の見どころ

今年で19回目を迎える「DOMANI・明日展」のテーマは「re_consider Japan」。国立新美術館の豊かな空間を活かし、研修を終えて比較的時間の浅いフレッシュな作家たちのショウケースとなるように作家のラインナップが組まれているのがポイントです。絵画や写真、映像、アニメーション、インスタレーション、陶芸、メディア・アートなど多様性を増した素材や表現が注目されています。また、滞在先もヨーロッパや北米に限らず、アジアや南半球へと広がっており、2020年を目前に改めて日本を考える機会になるような展示内容となっています。

今年の展示作家は以下の通りです。

・池内 晶子(1998年・アメリカ) 1967年生/現代美術
・岡田 葉(2002年・イギリス) 1974年生/絵画
・南 隆雄(2010年・フランス) 1976年生/メディアアート
・秋吉 風人(2011年・ドイツ) 1977年生/現代美術
・保科 晶子(2011年・フランス) 1971年生/現代陶芸
・松井 えり菜(2012年・ドイツ) 1984年生/現代美術
・曽谷 朝絵(2013年・アメリカ) 絵画、インスタレーション
・三原 聡一郎(2013年・オーストラリア) 1980年生/メディアアート
・山内 光枝(2014年・フィリピン) 1982年生/インスタレーション
・今井 智己(2015年・オランダ) 1974年生/写真
・折笠 良(2015年・カナダ) 1986年生/アニメーション
・金子 富之(2015年・カンボジア) 1978年生/日本画
・平川 祐樹(2015年・ドイツ) 1983年生/現代美術

関連イベントも充実!

開催期間中は様々な関連イベントも行われる予定です。出品作家本人が派遣先の出来事や作品の制作内容について語る「ギャラリートーク」は、事前申込不要ですので、気軽に参加してみてください。
さらにオープニング記念トーク 「欧州展示事情」、アジア・パシフィック圏の魅力と可能性を語り合うスペシャルトーク 「MEET THE ASIA-PACIFIC AREA」と、2回にわたっての座談会も実施されます。

イベント詳細
名称:未来を担う美術家たち 19th DOMANI・明日展 文化庁新進芸術家海外研修制度の成果
会場:国立新美術館 企画展示室 2E
住所:東京都港区六本木7-22-2
会期:2016年12月10日(土)〜2017年2月5日(日)
休館日:毎週火曜日、2016年12月20日(火)〜2017年1月10日(火)は休館
開館時間:10:00〜18:00、毎週金曜日・土曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
観覧料(税込): 一般1,000円(800円)、大学生500円(300円) ※( )内は前売り券・20名以上の団体料金
公式サイト:http://domani-ten.com/