視線が辛い…!アラサー女子が「痛い先輩」認定されるNGファッション

写真拡大

女性にとってファッションは、気分や女子力を上げてくれる日常に欠かせないものの一つ。とくにファッションが好きでないという人も、毎日服は着なければいけないので、気を配っているという働き女子は多いはず。

着ている服というのはパーソナリティを表すものであり、あなたの印象を決定づける重要な要素です。TPOに応じて着こなしを変えるだけでなく、年齢も意識しなければいけません。

「着られるから」と言っていつまでも20代頃の服をそのまま着ているのでは、“痛い上司”という風に女性部下から冷ややかな視線が注がれるかも……。

そこで今回は、パリ在住ファッションライターの筆者が、アラサー女子は避けるべき“歳不相応なNGファッション”3つをご紹介します。

■1:フリルの入ったふわふわフェミニン系

アラサーになっても、いつまでも“可愛い系”を目指しているのは少し違和感を感じさせるものです。精神的にも経済的にも自立し、部下も抱える立場であれば、リーダーシップを感じさせるかっこいい系の女性の方が部下にも慕われるでしょう。

ファッションも、可愛らしさを演出するフリルが入ったブラウスやニットは控えるべき。天然キャラ系のふんわりとしたフェミニンなファッションは、アラサーには甘すぎる印象です。

シルクやサテンといったボリュームのでないテロッとした素材、さらにブラックやグレー、カーキなどのダーク系の色味であれば許容範囲内。スカートではなくパンツと合わせて、あくまでクールに着こなすように意識してください。

■2:スカートは長さに注意

どんなに美脚に自信があったとしても、オフィスでミニスカートはNGです! アラサーの場合はどうしても若作りをして、頑張っている感が否めません。

膝がちょうど隠れるくらいの丈も、座った時にスカートが上がってしまい、太ももが露わになるようであれば避けた方が無難です。

膝下、とくにミモレ丈がオススメ。座った時はもちろん、かがんだり、階段を降りる時にもパンチラ率は低く、それでいて清楚でキレイめな印象に仕上がります。大人っぽさと、実用性も兼ね備えたアイテムなので一着持っているとオフィス服として重宝するはず。

過去記事「この春も流行!オフィスでも活躍する“ミモレ丈スカート”着こなし術3つ」も参考に、ミモレ丈スカートをぜひ取り入れてみてください。

■3:ダメージ加工と本物のダメージ

どんなに流行っていたとしても、ダメージ加工の入った服はアラサーには適していません。“あえて”がオシャレに映ることはありますが、ファッションとしてはとても難易度の高いアイテムです。

デザインではなく、実際の裾のほつれや虫食い、食べ物の汚れなどのダメージは最もNGです。年齢問わずですが、身なりを気にせず女子力が低下し始めるアラサーはとくに注意すべき! 「ちょっとくらいいいか」という気持ちは捨て、汚れがないか注意し、ダメージがいき過ぎたら処分するか部屋着にするなど、オフィス服からは外すべきです。

以上、アラサー女子は避けるべき“歳不相応なNGファッション”3つをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

年齢、社会的立場、TPOをわきまえて、制限の中で適したオフィスファッションを心がけましょう。

しかし、ファッションは本来自由に楽しむものなので、ルールは無いようなもの。オフの日には自分の好きな服を存分に楽しんでくださいね。